妄想こそ我が墓銘碑

移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
ドーラは地道に進捗中
at 2018-07-17 22:11
環状ラジエターの装着方法について
at 2018-07-04 00:08
ドーラを作り始めてます
at 2018-06-18 23:43
浮気が完結しました
at 2018-06-12 13:14
コクピットの作業は停滞中
at 2018-05-15 10:44
生存報告
at 2018-05-07 22:01
誕生日の妄想
at 2018-04-17 21:23
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
記事ランキング

タグ:モデリング ( 200 ) タグの人気記事

ドーラは地道に進捗中

某メーカーにカスタマーサービスの問い合わせメールしましたが、2カ月以上経っても返信がありません。




わざわざアップするようなネタでもないのですが、今月はメルクールの会の例会を欠席したので、ドーラの状況報告でございます。
現状、胴体に主翼が付いていて、接合部のサフの硬化待ちです。

b0314305_21290700.jpg


カウリングとラダーは仮組み状態で、リベット打ちを失敗した部分にサフを塗ってあります。前ログでアップしたように、ラジエターの自作作業をしなくて良くなったので、大幅に労力と時間が短縮されました。
飛行機らしくなってとグッとモチベが上がるのですが、内翼のMG151に機関部点検パネルが別パーツになっていて、ここをフィットさせるのに少々苦労しそうです。


ここまで進むとそろそろ塗装&マーキングを決めないといけないのですが、現在の第一候補はこちら。

b0314305_21290979.jpg


6月の例会でカスタムモデルズさんでゲットしたイーグルカルスのデカールの機体でございます。
D-11だから仕方い無いのですが、やっぱ地味ですよねぇ。バンドも巻いて無いしねぇ。とは言えこの機体、ギュンター・ラルが搭乗したかもしれないらしいので、現状ではこれにする予定です。出典が英語なので良く分かりませんが(汗)。

実機の写真をみると、ダブルシェブロンと国籍マークの間の横棒は無いっぽいです。それと排気管周囲が黒塗装かどうかと、延長プラグ前後が赤(プライマー?)かどうかも微妙。加えて塗色も良く分からないのですが、そこは私の好きなようにやれせてもらいます。そんな事するとドイツ機マニアの先生方に叱られそうですが。


という事で、8月のメルクールの会例会までに完成させる予定でございます。






[PR]
by maximumbreak | 2018-07-17 22:11 | Fw190 | Trackback | Comments(1)

環状ラジエターの装着方法について

サッカーW杯の日本戦4試合は、1試合も見ませんでした。




始めに、今日のログは長いです(汗)。で、面白くないのはいつも通りです(爆)。


6月17日午前中にはリベット打ちがほぼほぼ終了しているD-11ですが、その後は大きな進展がないままになっております。2週間も何をしていたのかというと、機首の環状ラジエターの装着方法で悩んでおりました。

Jumo213F/F-1を積んでいるD-11の環状ラジエターは、Jumo213Eを積んだTa152と同様になっているかも、という疑問でございます。
この話の発端となったのは手元にあるFw190の資料。博物館に復元展示してある実機の写真集です。そこにD-13が掲載されているのですが、展示中の機体にはD-9用のエンジン・Jumo213Aが搭載されていて本来の213Fは別に展示されている、旨の説明がありました。

b0314305_22274152.jpg

これだと環状ラジエターの装着方法はD-9と全く違いますね。が、エデュのキットはD-9と同じ様になっております。ここは改造のしどころ。これをプラモで再現すればD-9とD-11の違いがはっきり出るところなので面白いですね。博物館の機体はD-13ですが、D-11も同じエンジンを積んでいるのでラジエターも同じでしょ。なんて妄想しておりましたが、パーツを切り刻んだりする前に、一応、ネットで他に写真があるかどうか検索しました。

ところが、全然見つかりません。プラモの作例は沢山出てくるのですが、これを再現しているものは無し。かなり検索をしましたが、はっきりしません。
で、手元にある別の資料本を見ていたら、このエンジンは実はTa152に積んであった213Eだった、なんて書いてあってびっくり。ありゃまぁ。

ありゃまぁ、なんですが、では213Fのラジエターはどうだったの? というのが次なる疑問。そこでまた、ネットで検索でございます。そーしたら、当時の実機写真を見つけました。

結論から言うと、D-11のラジエター装着方法はD-9と同じ、でした。
チェコの某出版社の本に掲載されている写真のようです。クラッシュしたD-11で、エンジンカバーとカウリングが外れてラジエターが露出しています。これを見つけるのになんと時間の掛ったことでしょう。

手元にあるFw190の資料本は古いものばかりでございます。やっぱ、新しい資料本も持ってないとダメですかね。
ともあれ疑問点が解決し、ラジエター部のスクラッチという厄介な製作工程が無くなったので、次の工程、エンジン部とコクピットの製作&塗装に進みましょう。



もちろん、2週間検索ばかりしていたのではなく、製作もしておりました。過給器インテークを取り付けてましたよ。

b0314305_22130758.jpg


たったこれだけ!? でございます。あははは。














[PR]
by maximumbreak | 2018-07-04 00:08 | Fw190 | Trackback | Comments(0)

ドーラを作り始めてます

ドイツ機作り。恐いけどやってみたい物でしょうかね。



ちょっとしたキッカケでメルクールの会展示会へ向けFw190Dを作ることになったので、F-14Bをそっちのけにしてドーラの製作を始めております。
”テーマの縛り”としては「1/48のFw190D型・ドーラ」という事なので、天邪鬼な私はD-11を作る事にしました。

使用するキットはこちら。

b0314305_21373384.jpg


エデュアルドのFw190D-11でございます。
塗装が地味で面白くないのですが、こんな機会が無いと-11とか-13は作りそうもないのでね。
過給機インテークやプロペラの形状も-9とは違うので、目先が変わって良いということで。


最初に作業にかかったのが-11の特徴である外翼に装備されているMk108・30mm機関砲のバルジ部分。
キットの状態がこちら。

b0314305_21415924.jpg

翼下面になりますが、キットのバルジ形状はMG151/20用のような感じになっています。
Mk108用バルジは前後が短く左右が広くなっています。下面は完成しちゃえば見えないと言えば見えないのですが、いつもの詰まらない拘りをみせて弄ってみました。

b0314305_21415976.jpg

サフ吹きとか塗装をしてみないとよく分からないのですが、一応、それっぽくなったかな。
翼上面にもバルジがあるのですが、こちらはMG151/20とMk108で形状が違うかどうか分からないので、キットのままにしました。あはは。


で、次なる作業はお約束のリベット打ち。
エデュのキットは少しだけリベットが打ってあるのですが、これでは足りないのでチマチマと追加であります。
メルクールの会の一部会員からクレームがつきそうですが、私的にはFw190にリベットはマストアイテムなのでね。






[PR]
by maximumbreak | 2018-06-18 23:43 | Fw190 | Trackback | Comments(6)

浮気が完結しました

「ハン・ソロ」を観ようかどうか迷ってます。




公言をしていた浮気でありますが、昨日深夜、厳密に言えば本日未明に無事完結いたしました。
そのお相手はこちら。米海軍が開発をしていた無人攻撃機、X-47Bでございます。

b0314305_09573847.jpg



無人機ですから当然コクピットは無いのですが、加えて無尾翼なので製作工程が大幅に削減されるアイテムです。
模型として組立て工程は少ないのですが、その分は塗装とデカール貼りで楽しめました。

b0314305_09574058.jpg


実機は予算の関係で開発中止となってしまったので、塗装とマーキングは仮想のものです。

b0314305_09574267.jpg


b0314305_09574508.jpg



この機体を「カッコいい」と思うかどうかは、かなり個人差がありそう。そう思わない人の方が多そうですね(笑)。


b0314305_09574896.jpg


b0314305_09575026.jpg



因みにキットはこちら。

b0314305_09562698.jpg


プラッツ1/72。デカールはカルトグラフです。
主脚にブレーキパイプを追加した以外はストレート・フロム・ボックス。
けっこう楽しんで作れました。



さて、浮気が完結したので製作途中のF-14Bを再開するべきなのですが…。
その前に、メルクールの会展示会用に作ると約束をした1/48・Fw190Dをやらないとです。なかなか本妻の元へは帰れませんね(笑)。








[PR]
by maximumbreak | 2018-06-12 13:14 | etc | Trackback | Comments(4)

コクピットの作業は停滞中

最近、嫁軍曹殿以外と喋っておりません。




静岡ホビーショーにも行ってないのに、この1週間は全く作業が進んでいません。ボーっとしていて、なんとなく時間が過ぎていくという、素敵な毎日をすごしています。ボケるパターンですね。模型でも作らいなと…。


というワケなのですが、胴体の大まかな作業が終了し、コクピットの作業を進めておりましたので経過のアップです。
毎作、レジンパーツに固執しておりますので、今作も当然のようにレジンのコクピットの登場であります。使用したのがこちら、某社のF-14B用でございます。


b0314305_10352117.jpg

同社からはA型用のコクピットパーツも出ております。

b0314305_10353629.jpg


パッケージ写真を見ればある程度は想像がつくのですが、このA型用とB型用ではレジンの部分がそっくり同じものが入っております。B型の実機での変更点は修正されてないので、レジンパーツを更に加工するという2次作業が必要となります。


全ての違いを再現する必要は無いと思いますので、目立つ2カ所だけ加工しました。
先ず、一番の違いがB型ではHUDの情報が前面風防ではなく2枚のガラスに投影されるようになった事。HUDの投影用レンズの形状も丸から四角になりました。


b0314305_09353182.jpg


こちらのA型のHUD部分を…

b0314305_09353086.jpg


こんな感じにチマチマと。もちろん、完璧な形状に修正したワケでもなくいつものデッチアップですが、A型とB型は違うというのが分かれば良いという事で。まだ肝心の2枚のガラス部は作業しておりませんが、ここが一番大変な作業となるので、とりあえず問題は先送りしてあります(汗)。



そして2番目の違いが後席のレーダースコープの形状ですね。A型の丸からB型では四角になりました。

b0314305_09353002.jpg

こちらがA型。


b0314305_09353137.jpg
B型へとちょっと力技で修正しました。


もう一つ修正点がありました。後席左側のコンソールにランタンポッド操作用のスティックがつくので、こちらも修正する予定です。



とまぁ、こんな事をしていたのが1週間ほど前ですかね。次はコクピットの塗装にかかるところなのですが、なんとなく気が進まなくて進捗しておりません。




というか、ちょっと浮気しておりました。あははは。本妻が難物なので、少々疲れが出てきております。実生活そのもののような話でございます。はぁぁぁ







[PR]
by maximumbreak | 2018-05-15 10:44 | F-14 | Trackback | Comments(4)

生存報告

最近、物忘れがひどくなっています。体力に加えて脳の劣化も進んでいるようです。




最初にお断りしておきますが、本日のログはいつもに増してつまらない内容になっております(汗)。
前ログはいつもの妄想の話でしたので、F-14のアップは1カ月ぶりとなりました。
わざわざアップするほどの内容は無いのですが、生存報告も兼ねてのログでございます。

1カ月前に主翼後部のエアバッグを板オモリで作り替えた話をしましたが、現状では胴体部の基本工作が終了しております。多分、終了しております。


b0314305_20434371.jpg


このキット、胴体部での”やる事”が多く、結構時間が掛ってしまいました。

何をしたかというと…
脚収納庫とエンジンノズルをレジンパーツに替えたため、削り合わせや結合跡の修正。
エアバッグの自作。
ECMアンテナの不要とも言える自作。
水平尾翼取り付け部の追加工作。
インテーク内の繋ぎ目修正。
胴体のNACAダクトの作り直し。
ビーバーテイル部の追加工作。
等々等々

b0314305_20434108.jpg


現状は、レジンパーツや鉛板を使用しているので、チェックのためサフを吹いたところでございます。当然、細かい傷がありますが、修正は機首部を結合した時にまとめてやる事にしました。
とりあえず胴体部の作業から脱却しないと、そろそろ飽きてきているのでね(汗)。


次はコクピットの工作に入る予定です。
これはこれで、手間と時間が掛りそう。当初目論んでいた6月中の完成は厳しい感じになってきました。






[PR]
by maximumbreak | 2018-05-07 22:01 | F-14 | Trackback | Comments(4)

主翼収納部エアバッグの工作

右肩の針治療とマッサージをしました。マッサージは半端なく痛かったです。



脚収納庫をレジンパーツに替えた事で自爆したトラップの解決法を決めました。
主翼を展開してフラップとスラットをダウン状態で組む事としました。
下面のパーツを加工すれば、トラップをクリアして収納状態で組めるのですが、折角なので展開する事にしました。


展開した時のメリットとデメリットについて、無い知恵を絞って何日間か熟考を重ねた上での結論でございます。
主翼を展開して駐機している写真はほとんど見たことが無いのですが、展開してフラップとスラットを下せば、タミヤのF-14と違う表現ができるのでね。
それに、別パーツになっているフラップとスラットを上げて組もうとすると、多分、合わせで苦労しそうですから。このことは前作のF-8で身に染みて分かっているので…(笑)。


で、先ずは主翼を広げた時に大きく露出するエアバッグの工作をしてみました。
オリジナルのパーツがこちら。

b0314305_22405493.jpg


とても布製のバッグには見えませんね。
そこで釣り用の板オモリを使って作り替えました。

b0314305_22405743.jpg

b0314305_22405565.jpg


オリジナルパーツよりは雰囲気が出たかなと。
主脚より後方に鉛を使ったので、テイルヘビーの度合いが増しちゃいましたけど…(汗)。





[PR]
by maximumbreak | 2018-04-10 22:37 | F-14 | Trackback | Comments(2)

ECMアンテナの工作

生まれて初めてオムレツを作ったのですが、フワフワトロトロでとても上手く作れました。もしかしたら、模型作りより料理のほうが才能があるかもです(笑)。




主脚収納庫のレジンパーツによるトラップをクリアーする方法が決まらないまま、他の作業を進めています。
当該のレジンパーツの接着、インテークの接着等々です。
で、本日のログはベーン下面に付く二つのアンテナの作業でございます。写真の青丸部分になりますが、レーダー警戒アンテナとECMアンテナらしいのです。

b0314305_13044835.jpg


大小二つのアンテナがありまして、大きい方が白くなっているのはプラ板積層から削り出して自作したためです。
何故に自作したかというと、ハセガワのキットにはパーツが入っていないと思ったからなんですね。
小さい方のアンテナをつける部分のインストがこちら。

b0314305_13045729.jpg


大きいアンテナはありませんね。一応、インストの全ページを確認したのですが、記載が無かったのでパーツは無いものと思いプラ板で次作をした次第であります。ハセガワが忘れたのか無視したのでしょうかね。
なんとなく雰囲気が出れば良いという感じで作業しましたが、それなりの手間と時間を要しました。

で、次の工程にかかろうと他のパーツを探しておりましたら…

b0314305_13045290.jpg


あれ? なんかそれっぽい形のパーツがあるではないですか。
おかしいなと思い、もう一度インストを確認しましたが、この29・30番(H枠)は登場しません。
今回使用しているのは「F-14B」のキットですが、ここで念のため長期在庫となっているA型のキットのインストもチェックしてみました。そのインストがこちら。

b0314305_13050053.jpg


げっ!! このパーツの工程が記載されています。
ここでB型のインストで同じ部分を見てみると…

b0314305_13050264.jpg


やられましたね。
見事なトラップです。インストだけ見てランナーに付いているパーツを確認していない自分に落ち度があると言えばそれまでですが…。
クレイモア地雷による即死級トラップでしょうか。はたまたラインの守り作戦で、スコルツェニーの特殊部隊に道路標識の向きを変えられたような気分でございます。

削り出したアンテナを削ぎ落として、キットのパーツに付け替えようかとも思いましたが、折角なのでこのままとします。



タミヤ・A型ではこの部分がどうなっているのかを確認してみたら、アンテナの取り付け指示は無く、多分、パーツも同梱されていないようです。このアンテナはA型の後期生産型とB型に付くのですが、タミヤはバルカン砲のガス抜きスリットも初期生産型をモデライズしているので、アンテナはパーツ化していないのかもです。
なので、今回使用しなかったこのパーツは、タミヤのA型を後期生産型にする時に使用する事としました。
これでプラ板積層削り出し作業が無駄では無かった、と思う事にします。



模型雑誌を読んでいれば、これ位の情報は知っていたのかもです。しかし私、雑誌は立ち読みもしなくなってしまっているので…。






[PR]
by maximumbreak | 2018-04-06 17:43 | F-14 | Trackback | Comments(2)

トラップ仕掛けちゃいました

嫁軍曹殿からバレンタインをもらってないのに、ホワイトデーのケーキを贈りました。不公平な感じがするのですが・・・。




前ログで右側脚収納庫レジンパーツを組込みましたが(前ログで左側と書きましたが、右側の間違いでした)、引き続き左側の作業を行いました。

前回は最初の作業という事で、様子を見ながら進めたので5~6時間も費やしてしまいましたが、今回は同じ工程を2時間ほどで終える事ができました。
パーツが干渉する部分や、何処をどの程度削れば良いかが分かっているので、作業の時短になったと思います。同じ作業の2回目という事で雑になったのもあるかと思いますが…(汗)。


無事に脚収納庫のレジンパーツを組み込めたのは良かったのですが、ここで思わぬトラップに出くわしました。
脚柱を収納する部分が裏側にパーツが出っ張るため、ストレートに組んだのではここに主翼のパーツが引っ掛かってしまい、翼をたたんだ状態に出来なくなってしまいました。

b0314305_20344777.jpg

写真ではレジンパーツに台座の一部が残っていますが、これを全て削り取ってもまだ干渉してしまいます。
主翼の下面パーツを加工すれば折りたたんで組めるのですが、余計な作業が増えてしまいました。
自分で自分にトラップを仕掛けてしまいましたね(笑)。


この際なので、主翼を展開してフラップとスラットをダウンした状態にしようかなとも考えております。
タミヤのキットではフラップとスラットはダウン出来ないし、せっかくハセガワを作るのでね。ただ、駐機姿勢でこの形ってほとんど見ないんですよね。
ちょっと悩んでおります。





[PR]
by maximumbreak | 2018-03-16 21:14 | F-14 | Trackback | Comments(2)

脚収納庫レジンパーツの組込み

責任を取ることは全くなく、ただ尊大な態度を取っていれば良い政治家とは、誠に気楽な商売ですね。




レジンのアフターパーツ大好きな私。コクピットやジェットエンジンの排気ノズルといった部分はレジンパーツに置き換えますが、脚収納庫のパーツはほとんど使いません。
というのも、完成してしまえばあまり見えなくなるので、労力とコスパが見合わないと思っているからでございます。

ところが今回のF-14は、ほんの気まぐれで脚収納庫のレジンパーツを使用してみました。
すったもんだの挙句、現状はこちら。


b0314305_20355328.jpg

レジンパーツの台座の削ぎ落とし、キットパーツのカット、レジンとキットの干渉する部分の擦り合わせ等々、なんとかフィットするまでになりました。
ここまでの作業時間は5~6時間ほどでしょうか。
かけた労力と時間に見合っているか、微妙な感じでございます。

まだ、左側しか作業を終えていないので、あと5~6時間の作業が残っております(汗)。



因みに、コクピットとエンジンノズルは当然のようにレジンに置き換える予定でございます。






[PR]
by maximumbreak | 2018-03-14 20:48 | F-14 | Trackback | Comments(0)


最新のコメント
着々と完成に近づいていま..
by me262b1 at 22:22
abby閣下 こんばん..
by maximumbreak at 21:42
冬季迷彩はベースにラッカ..
by abby at 21:18
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 12:19
リベット打ち、気の遠くな..
by Mighty O at 23:41
abby閣下 こんばん..
by maximumbreak at 22:48
エデュのFw190Dー1..
by abby at 20:35
abby閣下 こんばん..
by maximumbreak at 21:00
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 20:51
私は251のD型でがんば..
by abby at 20:24
フォロー中のブログ
ファン
Links
ブログパーツ