妄想こそ我が墓銘碑


移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
2月8日はNACAダクトの日
at 2019-02-08 22:12
フラップ下げ工作進めました
at 2019-02-06 15:22
コンテスト結果
at 2019-01-30 20:41
製作中止のお知らせ
at 2019-01-21 22:08
三式戦の機体内部色
at 2019-01-15 23:23
『写経』が終わりました
at 2019-01-12 11:23
写経を楽しみました
at 2019-01-04 22:30
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
記事ランキング

<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トラップ仕掛けちゃいました

嫁軍曹殿からバレンタインをもらってないのに、ホワイトデーのケーキを贈りました。不公平な感じがするのですが・・・。




前ログで右側脚収納庫レジンパーツを組込みましたが(前ログで左側と書きましたが、右側の間違いでした)、引き続き左側の作業を行いました。

前回は最初の作業という事で、様子を見ながら進めたので5~6時間も費やしてしまいましたが、今回は同じ工程を2時間ほどで終える事ができました。
パーツが干渉する部分や、何処をどの程度削れば良いかが分かっているので、作業の時短になったと思います。同じ作業の2回目という事で雑になったのもあるかと思いますが…(汗)。


無事に脚収納庫のレジンパーツを組み込めたのは良かったのですが、ここで思わぬトラップに出くわしました。
脚柱を収納する部分が裏側にパーツが出っ張るため、ストレートに組んだのではここに主翼のパーツが引っ掛かってしまい、翼をたたんだ状態に出来なくなってしまいました。

b0314305_20344777.jpg

写真ではレジンパーツに台座の一部が残っていますが、これを全て削り取ってもまだ干渉してしまいます。
主翼の下面パーツを加工すれば折りたたんで組めるのですが、余計な作業が増えてしまいました。
自分で自分にトラップを仕掛けてしまいましたね(笑)。


この際なので、主翼を展開してフラップとスラットをダウンした状態にしようかなとも考えております。
タミヤのキットではフラップとスラットはダウン出来ないし、せっかくハセガワを作るのでね。ただ、駐機姿勢でこの形ってほとんど見ないんですよね。
ちょっと悩んでおります。





by maximumbreak | 2018-03-16 21:14 | F-14 | Trackback | Comments(2)

脚収納庫レジンパーツの組込み

責任を取ることは全くなく、ただ尊大な態度を取っていれば良い政治家とは、誠に気楽な商売ですね。




レジンのアフターパーツ大好きな私。コクピットやジェットエンジンの排気ノズルといった部分はレジンパーツに置き換えますが、脚収納庫のパーツはほとんど使いません。
というのも、完成してしまえばあまり見えなくなるので、労力とコスパが見合わないと思っているからでございます。

ところが今回のF-14は、ほんの気まぐれで脚収納庫のレジンパーツを使用してみました。
すったもんだの挙句、現状はこちら。


b0314305_20355328.jpg

レジンパーツの台座の削ぎ落とし、キットパーツのカット、レジンとキットの干渉する部分の擦り合わせ等々、なんとかフィットするまでになりました。
ここまでの作業時間は5~6時間ほどでしょうか。
かけた労力と時間に見合っているか、微妙な感じでございます。

まだ、左側しか作業を終えていないので、あと5~6時間の作業が残っております(汗)。



因みに、コクピットとエンジンノズルは当然のようにレジンに置き換える予定でございます。






by maximumbreak | 2018-03-14 20:48 | F-14 | Trackback | Comments(0)

避けて通れない道

右の五十肩が左にも転移しそうな感じです。




バルカン砲のダクト工作という末節部分の作業から始まったF-14Bですが、ここを乗り越えていかないとB型にはならないので製作開始直後のパワーがある時に処理をしておきました。


現在はもう一つ乗り越えていかないとならないダクトの処理を行っております。
ジェット機を作る時の宿命、インテークダクトの処理でございます。避けては通れない道でございますね。



b0314305_16182630.jpg

ダクトを”白”で塗装して接着。白パテを盛って整形したら再塗装。幸いF-14のダクトはF-16よりペーパーを掛けやすいので助かります。
とは言え、2個つくらなくてはならないのは、それなりに面倒と言えば面倒でございます。
写真で下側に並んでいるダクトのパーツの合わせはいいのですが、胴体のインテークとの合わせが悪いんですよね。ここはちょっと手が掛る部分。気持ちが萎えないように地味な作業をこなさないとです。




そーいえば、今回のF-14Bをどんなマーキングにするかですが、現在の最有力候補がこちら。
VF-101のゴーストグレー系3色のロービジ塗装です。

b0314305_16182813.jpg

昨年8月、カスタムモデルズさんでゲットしておいたファイタータウンのデカールです。
プリントはマイクロ製。
VF-101は転換訓練部隊なのですが、垂直尾翼の鎌を持った死神がかっちょええでしょ。


6月の完成を目論んでおりますが、甘いかなぁ~。
最悪でも10月の展示会までにはなんとかね。





by maximumbreak | 2018-03-06 21:00 | F-14 | Trackback | Comments(0)


最新のコメント
nabe3様 こんばん..
by maximumbreak at 22:47
IPMSコンテストには何..
by nabe3 at 21:59
美徳様 こんばんは。い..
by maximumbreak at 20:09
スゲー スゲー すっっっ..
by 美徳 at 11:22
美徳様 こんにちは。コ..
by maximumbreak at 10:12
nabe3様 こんにち..
by maximumbreak at 10:06
不思議なもので、手が動き..
by 美徳 at 06:01
フラップ下げはなかなかイ..
by nabe3 at 22:27
マスト閣下 こんばんは..
by maximumbreak at 19:36
わが家の冷蔵庫は、自分で..
by me262b1 at 16:44
フォロー中のブログ
ファン
Links
ブログパーツ