妄想こそ我が墓銘碑

移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
気紛れのポチッ
at 2018-12-12 22:50
フラップと共に製作意欲も下が..
at 2018-12-09 20:52
フラップ下げ作業開始です
at 2018-11-28 17:15
OV-1再開します
at 2018-11-26 11:59
次回作候補 F-105G 妄..
at 2018-11-20 20:26
次回作候補 L-29デルフィ..
at 2018-11-18 20:29
次回作候補 MiG-21MF..
at 2018-11-16 21:07
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
記事ランキング

カテゴリ:F-5( 34 )

コクピット塗装

金曜日になると酒を飲みに行きたくて、まともに仕事もしないでとっとと帰るアホ部下がいます。こーいうアホの首を切るいい方法は無いのでしょうか。



飛行機モデルを作る時にここをやっつけないと前に進まない部分がコクピット。手のいれ甲斐がある反面、上手くやらないといけない厄介なパートと思います。が、自分の記憶を辿ってもジェット機のコクピットを塗装で仕上げた事が無いような・・・。というか、ジェット機が完成した事ってあったかなぁ? こんな事で大丈夫なんだろうか(汗)。

で、このキットのコクピットはというと、かなり細かい彫刻が施されています。
b0314305_23220630.jpg



過去に塗装で仕上げた記憶がないのに、このモールドを活かした塗装なんかできるワケないよな。と言っていても進まないので、とりあえず手を動かしてみました。その結果がこちら。


b0314305_23221199.jpg
お世辞にも上手とは言えなくて・・・。というか、ハッキリ言ってヘタクソでございます。

モチベが下がります。
 

 
次はコクピットの無い飛行機を作ろう。





[PR]
by maximumbreak | 2014-05-10 23:54 | F-5 | Trackback | Comments(2)

ジェットインテークの処理は・・・

5月1日からクールビズが始まりました。スーツにノーネクタイ姿、自分的にはクールとだらしないのと紙一重な感じです。


AFVクラブ1/48・F-5Fの製作にかかりました。
小柄な機体と思っていましたが、複座型ということもあって、けっこう長いです。全長320㎜位になります。比較のためにAV-8Bに友情出演をしていただきました。全長も翼長も同じ位でしょうか。

b0314305_19474090.jpg
AFVクラブの飛行機モデルを製作するのは初めてですが、主要パーツの合わせは問題ないですね。胴体のパネルが別パーツになっている部分も、パテ等を使わないでもなんとかなりそうです。



で、ジェット機を作るうえでお約束ともいえるネックになる部分がインテークの内側の処理。このキットはというと・・・。
b0314305_19474118.jpg
潔いまでに何もありません。
ダクトのパーツは無いので、合わせ目の処理で悩むこともありません。わははは。ダクトの自作なんて自分の技量では不可能なので、ここは無視するか思い切ってインテークの奥をプラ板で塞ぐかですね。

米国のローヤルレジンというアフターパーツのメーカーさんから、このキット用のインテークカバーのパーツが出ているのですが・・・。(ローヤルレジンのHPはコチラ:因みに自分は以前、同社に直オーダーしたことがありますが、丁寧に対応していただきました。何のパーツをオーダーしたかはまたの機会に)
b0314305_19495189.jpg
下写真の赤い部分ですね。
b0314305_19514663.jpg
まぁ、ここはプラ板で塞ぐのが妥当かなと思います。





[PR]
by maximumbreak | 2014-05-03 20:57 | F-5 | Trackback | Comments(2)

30年後の奇跡

T-38AのNASAの塗装も素敵。でもこちらはむねっちさんにお願いすることにします。


自分がブログをやっている事を忘れる位、久しぶりの更新となりました。

ムラムラと湧き上がった浮気心で手を付けたエッシー1/72のF-5Bであります。カナダ空軍仕様にしようと思っているので、正確にはCF-116なのかもしれませんけど。
30年位前に購入したキッとなので、ちゃんと貼れるか心配なデカールを貼ってみました。とりあえずコクピットの計器盤からです。
b0314305_19584241.jpg

見た感じはなんとかなりそうなんですが、水につけたとたんにバラバラ、なんて事になるかも。
が、さすがカルトグラフ。バラバラにはならずになんとか貼れました。30年間もキットの箱の中で放置してあった事を思えば上出来ですね。

b0314305_19584533.jpg
曲がってるとか言わないでくださいね。
ただ、糊が弱くなっているかな。今のところ剥がれてしまうような事はなさそうなんですが、時間が経って乾燥が進むとどうなることやら。かと言ってクリアで押さえるのはちょっと不安がね。機体に貼るヤツはクリアで押さえないとならなそうなので、使わない部分で実験してみましょうか。その結果はまたの機会ということで。







[PR]
by maximumbreak | 2014-04-20 20:47 | F-5 | Trackback | Comments(4)

いつもの浮気心が

今日は会社をズル休みしました。たまにはいいものです。


Ta152Cは主翼のリベット打ちに作業に入っています。リベット打ちは趣味の中の趣味。モデリングの中でも好きな部類の作業なんですが、地味な作業の連続でそろそろ飽きがきています。マズイ兆候ですね。

なわけで、浮気心がムクムクと。実家に寄ったついでにこんなキットを持ってきてしまいました。
b0314305_20434495.jpg
エッシー1/72、F-5B。今は無きメーカーさんの、ビンテージものの部類に入るキットでしょうか。箱絵のブルー塗装が気に入って購入した覚えがあります。多分、30年位にピンバイスか、オオハシ模型だったような。当時は輸入キットが買える模型店は限られていましたから。

中身はというと、今見てもいい出来と思います。モールドはシャープな凹線で、合わせも良好。今時の大陸製のキットなんかより全然良いかもです。因みにボックスには1983年の年号が入っています。
b0314305_20434406.jpg
こういうキットはプロポーションとかディテールとかをどーたら言わないで、サクッと組んで塗装して、完成させて楽しむのが一番ですね。

さすが、イタリア製のキット、デカールはカルトグラフ製。30年以上経っていても使えるのでしょうか。ちょっと厳しいですかね。なんとか貼れてくれないと、他に代替のデカールとかないのでね。案外、貼れちゃったりしてね。そうしたら拍手喝采なんですが。

b0314305_20434479.jpg

塗装は箱絵と同じにしたいのですが、カナダ空軍の迷彩色は全然分かりません。インストの塗装指示を見ると・・・
b0314305_20434405.jpg
3色とも英語表記は全て「BLUE」。あははは。おおらかでいいですねぇ。因みに下面色は「LIGHT BLUE」になってます。FSナンバーの表記もあるので、なんとなく、なんとなくそれっぽい色、というか、自分の好きな色にしちゃいましょ。


あ、でも、まだ浮気すると決めたワケではないので。




[PR]
by maximumbreak | 2014-04-09 21:09 | F-5 | Trackback | Comments(4)


最新のコメント
美徳様 こんにちは。 ..
by maximumbreak at 10:52
おはようございまーす❗️..
by 美徳 at 06:40
美徳様 こんにちは。 ..
by maximumbreak at 10:59
あはは( ✌︎'ω')✌..
by 美徳 at 06:32
美徳様 こんばんは。 ..
by maximumbreak at 23:23
順調に進展してますねー❗..
by 美徳 at 22:00
フランクパパ様 こんに..
by maximumbreak at 15:53
超ナイスです♪ きっぱ..
by フランクパパ at 09:17
美徳様 こんばんは。 ..
by maximumbreak at 20:08
マスト閣下 こんばんは..
by maximumbreak at 19:59
フォロー中のブログ
ファン
Links
ブログパーツ