妄想こそ我が墓銘碑

移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
AIMの製作②・・・イマイチ..
at 2018-09-21 21:19
AIMの製作①
at 2018-09-18 22:17
GBU-12の製作
at 2018-09-11 10:27
復活のVIPER
at 2018-08-27 20:46
Fw190D-11 完成しました
at 2018-08-23 20:40
脚とプロペラがつきました
at 2018-08-20 23:57
墨入れしました
at 2018-08-19 18:27
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
記事ランキング

カテゴリ:F-16( 24 )

AIMの製作②・・・イマイチの結果

明日は28回目の結婚記念日ですが、例年の如く、何も無くスルーの予定です。




希望的には昨日20日に終了させておきたかったAIMの作業ですが、なかなか予定通りには進まず、本日になっても終了には至っておりません。

AIM-9はデカール貼りで手こずりました。
本体が細くて小さいので作業がしづらいです。そのうえ、数が多い。なので適当にオミットしました。
因みに使用したのはTwoBobosのミサイルマーキングデカールです。デカール自体はマイクロ製ですので、薄くて良質なものです。

b0314305_19530872.jpg




AIM-120はというとデカールは枚数も少なく、-9ほど手間暇が掛りませんでしたが、別パーツとなっているフィンの塗装に手間が掛りました。
実物のフィンはアルミ製でアルマイト加工がしてあるそうで、無塗装ですが2色になっているようです。
いつもの病気が発症してつまらないところに拘ってしまったので、2色に塗り分けようとしたのでマスキング塗装にやたら時間がかかりました。


b0314305_19530636.jpg




両ミサイルともフィンの取り付けが上手く行ってません。綺麗に十字になっていないし、ピッチもバラバラ。
下手というか、早く終わらせたいので雑な作業となってしまいました。
他にも作業中に引っ掻いて塗装が剥げたり、瞬着がついてしまったりと、惨憺たるものです。レジンパーツに拘らず、タミヤの純正パーツの方が良かったかもです。
出来栄えは、松竹梅で言えば梅とは言いませんが、竹の下くらいの出来ですね。

明日はクリアでコートして作業を終え、さっさと次のECMポッドの作業に掛りたいです。







[PR]
by maximumbreak | 2018-09-21 21:19 | F-16 | Trackback | Comments(0)

AIMの製作①

月旅行に行きたいと思いますか? と言ったらひがみに聞こえるでしょうか。




F-16の完成が展示会に間に合うか微妙な状況になってきましたが、マスト閣下から「間に合わせろ」との命令をいただきましたので、AIM-9と-120の製作を進めております。今回はその途中経過のアップでございます。

GBU-12をブラッシンのレジンパーツにしましたので、AIMも同じくブラッシンのパーツを使用します。
AIM-120は私が製作している実機写真にはB型が搭載されていますが、タミヤのキットに同梱されているのはC型なので、ブラッシンのパーツが必須となります。因みにB型とC型の外見上の違いはフィンの大きさです。C型はF-22のウェポンベイ内に搭載するため、フィンの先端をカットした形になっています。


このパーツは実弾と訓練弾の形の違いに対応するため、先端部分と後端のノズル部分が別パーツになっております。

b0314305_20063397.jpg

この別パーツというのがかなり曲者で、接着面にそれぞれの湯口があるため、これを削り落す作業を慎重に進めないと頭から尻尾まで真っすぐになりません。
最初に製作した物はとんでもなく曲がっていて、何度かやり直してなんとか妥協できるところまで来ました。

b0314305_20063900.jpg

この作業で丸一日ほど時間が掛りました(汗)。



なんとか形になったところでプライマー塗装、下塗り、実弾を示す帯の塗装です。

b0314305_20064089.jpg


AIM-9の後部フィンは薄い成形なので、透け防止に濃いグレーで下塗りです。

途中の工程写真が飛んでいる感じはしますが(笑)、弾体を塗装してマスキングを剥がすとこんな感じ。黄帯が少々薄い気がしますね。反対に茶帯が濃いかも。
弾体から出ている針状の物は、ランチャーに接着するための補強として埋め込んだ真鍮線です。

b0314305_20064275.jpg

この後にコーションデカールを適当に貼って、クリアーでコーティング、墨入れ。フィンを接着します。
20日にはAIMの作業を終了したいのですが(19日は不在なので)・・・。


以上、どーでも良い製作経過でした。







[PR]
by maximumbreak | 2018-09-18 22:17 | F-16 | Trackback | Comments(0)

GBU-12の製作

テニスの観客があれほど下品だとは知りませんでした。




Fw190D-11の完成とともに怒涛のブログ更新も完結してしまいました。2週間ぶりの更新となりますが、現在はF-16の武装パーツの作成に取り掛かっております。

武装パーツは機体が出来上がってから作業に掛ると精神的にしんどいので、今のうちに作成する事にしました。
今回搭載予定のパーツは、燃タン×2、AIM-9×2、AIM-120×2、GBU-12×4、ランターンポッド×2、ECMポッド×1でございます。こうやって書き出しただけでうんざりします。

最初に取り掛かったのがGBU-12。タミヤ純正のパーツでも全然OKなのですが、レジン依存症の私ですので、ブラッシンのパーツを使用しました。因みにタミヤのGBU-12はF-16Cブロック25/32のキットにしか同梱されていません。



こちらが左翼側。

b0314305_09494666.jpg
弾体をラックに接着してありますが、パイロンは未塗装です。
右翼側はこんな感じ。


b0314305_09494672.jpg
ラックがパイロンから浮いているのはご愛嬌ということで。
1発につきパーツが7個とデカールを8枚使用。さらにラックに揺れ止めはチマチマと追加工作でデッチアップしました。が、改めて見ると手間暇に見合った出来栄えかどうかは、少々疑問があるかもですね。



これだけのパーツに時間の掛け過ぎ。ペースを上げないと展示会に間に合わなくなりそうです。
次はAIM-9とAIM-120に掛る予定です。






[PR]
by maximumbreak | 2018-09-11 10:27 | F-16 | Trackback | Comments(0)

復活のVIPER

左の五十肩が痛いので、鎮痛抗炎症剤を貼ったら痛みが増した気がします。




私的には驚異的なペースでFw190D-11をフィニッシュさせたので、メルクールの会展示会までの2カ月であと1アイテムを完成させようと目論んでおります。


と言っても残り時間に鑑みて新規に製作に取り掛かっていたのでは時間が少々厳しいかと。途中でストップしていた、所謂お手付きアイテムを製作再開する事としました。止まっていたアイテムを製作再開して完成まで持って行くのはそれなりのパワーが必要で、これはこれでリスクが伴うのですけどね。


お手付きアイテムは多々あるのですが、その中で一番完成に近いのがタミヤ1/48・F-16CGでございます。
Block50のCJのキットをBlock40のCGにバック・トゥ・デートしようとしていたヤツですね。当ブログでも製作記をアップしていましたが、最後の記事は2016年の7月。実質的な機体の工作は同年3月という代物で、製作再開となると約2年半ぶりという事になります。


2年半前に製作が止まった理由は幾つかあるのですが、主な物が機体の塗色でした。当時、あれやこれやと調色しましたが、イメージする物が出来ませんでした。最後の塗色がこちら。

b0314305_19590938.jpg

機体の濃いグレーを少し青に振りたかったのですが、違和感の残るものになっていました。実機の写真を見るとブルーグレーに見えるのですが、模型にするとF-16の塗色としてイメージとマッチしていませんでした。


そこで今回、”青”は捨ててグレーとして再塗装しました。使用した塗料はガイアのニュートラルグレーⅣ。瓶生でございます。

b0314305_19591102.jpg

この2枚の写真では全然違いが分かりませんね(汗)。
前の塗装よりは違和感が無くなったかなと。初めからこの色にしておけば良かったですね(爆)。



展示会に向け、とりあえずコイツを弄ってみようかなと思っております。










[PR]
by maximumbreak | 2018-08-27 20:46 | F-16 | Trackback | Comments(4)

改めて見ると・・・

我が家の体重計は右足から乗った時と、左足から乗った時とで違った結果が出ます。



模型作りが停止して3カ月が経ちました。
11月に展示会を控えているというのに、貴重な時間を無駄にしてしまいましたね。
展示会まで残り4カ月となり、模型作りを再開しないとヤバイ状況になってきました。


残り時間で何を作るかですが、4カ月という時間を考えるとF-16を再開するのがベストでありますね。
この週末は棚にしまってあったF-16を引っ張り出して眺めておりました。


3か月ぶりに見ると、製作中に気が付かなかったor気にしなかった粗がやたらと目立ちます。
特に機首左がに集中していました。

b0314305_18152181.jpg

写真では分かりにくいと思いますが、赤丸の部分が破綻しております。
傷、接着剤orパテの跡。別パーツで取り付けた部分のパネルラインも酷いものですね。
さすがにこれだけ酷いと、このままともいかなくて・・・。
コイツを乗り越えて前に進むのには、強い意志が必要です。


随分と雑な作業をしていたものです。










[PR]
by maximumbreak | 2016-07-03 19:36 | F-16 | Trackback | Comments(4)

GBU-31のディテールアップ その2

焼肉食べたい。どなたか付き合ってくれませんか。



昨日の段階で良しとしたGBU-31でしたが、少しだけさらに手をいれました。

先ずは長さの延長です。
自分勝手なイメージで弾体の前半が短い感じがするので、先端部分を一度切り離しプラ板を挟んで延長しました。
この長さが正しいかどうかは全く分かりません。単に写真と見比べた時に、短い感じがしたので延長しただけです。

b0314305_21213749.jpg
さらに、後端のフィンの形状を変えました。キットのままでは幅が不足していて高すぎる感じがします。フィンの後ろにプラ板を接着して延長、逆に高さは削ってしまいます。
こちらも自分勝手なイメージで、この形状が正しいかは分かりません。


どちらの作業もディテールの拘ったというより、遊んでみたという感じですね。
プラ材を貼ってペーパーで削るという作業ですが、けっこう楽しかったです。









[PR]
by maximumbreak | 2016-04-02 21:49 | F-16 | Trackback | Comments(2)

GBU-31のディテールアップ

唐突ですが、加齢による視力の悪化や忍耐力の欠如、モチベーションの低下等に鑑み、本作をもって模型作りから引退することに致しました。



キャノピーフレームの塗装が思いのほか上出来だったので、次の工程、武装パーツの製作に進みます。

全天候対地攻撃機のBlock40を製作するワケですから、フル爆装にしようと思います。どんな武装をチョイスするかで悩みましたが、一応の結論は片翼にGBU-31・JADM1発と、反対側にはGBU-12を2発ぶら下げることとしました。

あとはお約束の武装、翼端にAIM-120、その内側にAIM-9。ドロップタンク2本とセンターパイロンにECMポッド。インテーク脇にAN/AAQ-28・ライントニングポッドです。

先ずはGBU-31から。ハセガワのウェポンセットから持ってきます。
弾体中央部にある板状の部分が厚いので、0.25㎜のプラ板で作りなおしました。
b0314305_22415637.jpg

ほんの少しだけディテールアップです。
ネットで検索すると先端の形状にも違いが数種類あるのですが、良く分からないのでこのままとしました。

他にもECMポッドやターゲティング・ポッド、武装の組み合わせで整合性の無いところがあるかもですが、そこは細かい事は言わないで宜しくお願いします(笑)。








[PR]
by maximumbreak | 2016-04-01 22:19 | F-16 | Trackback(2) | Comments(2)

キャノピー・フレームの塗装

ちょっと古くなった話題ですが、アルゼンチン海軍にあっぱれをあげましょう。




F-86Dにお手付きをしていますが、本日は本妻のF-16に戻って作業を進めました。
キャノピー・フレームの塗装です。


マスキングして塗装するだけの、ごく普通の作業でございます。今回はキャノピーを開状態にするので、外側からだけではなく内側のフレームも塗装します。

余談ですがP-47D、F-5F、RF-4Bと、直近の3作も全てキャノピーを開けて製作しております。開状態が好きとか、開けて作る主義とかではありません。P-47Dはなんとなく。F-5Fはパーツが合わないので閉じては作れないから。RF-4Bはレジンのコクピットとフィギュアの乗せたからですね。

このF-16もレジンのコクピットを使ったので、折角だから開けようと思っていたのですが、実はレジンパーツが干渉してキャノピーが閉まらなくなってしまいました(汗)。私の作り方に問題があったのでしょう。


で、先ずはパーツの状態。タミヤの1/48にはキャノピーパーツが2種類同梱されています。透明のものと金色がかったものですね。
実機でも前後のキャノピーで透明と金色の組み合わせが色々あるので、この2種類の同梱はありがたいかぎりです。
今回は前部が金色、後部は透明のパーツを使用します。
b0314305_17452100.jpg


この状態だと、老眼のおかげで、ガラスとフレームの境目が良く見えません。不使用のパーツに着色してみました。
b0314305_17452120.jpg


色が付くとなんとか見えるようになります。これを見ながら使用するパーツにマスキングしていきます。
曲線部分はタミヤの曲線用を使います。
b0314305_17452110.jpg


これを本格的に使用するのは初めてなのですが、ビニールみたいな材質ですね。もちろん曲線に馴染んでくれるのですが、上手く作業しないと直線部分も曲がってしまいます。
残りの部分は普通のマスキングテープで普通にマスキング。
b0314305_17452182.jpg


ここでガイヤノーツのニュートラルグレーⅤを塗装します。
内側にはフィニッシャーズのカーボンブラックマットを塗装しました。こちらの写真はないです。
b0314305_17452156.jpg


普通ならこの上から機体色を塗装するのですが、ここで表面のマスキングテープを剥がしました。写真は内側に貼ったテープですが、これはこのまま。
b0314305_17452151.jpg


次は最初のマスキング部分より少しだけフレーム側にずらして、もう一度マスキングをやり直します。
b0314305_17452121.jpg


全体をマスキングして機体色を塗装。ドキドキしながらテープを剥がします。
出来上がりはこちら。
b0314305_17452173.jpg

フレームとガラスの境目部分にある黒フチが再現できました。
作ろうとしている機体のキャノピーがこの状態かどうか分かりませんが、とりあえず試してみたかったのです。
多少のタッチアップは必要ですが、なんとなく上手くいきました・・・かね。









[PR]
by maximumbreak | 2016-03-26 18:29 | F-16 | Trackback | Comments(2)

下面パーツの継ぎ目を再塗装しました

最近、ブツブツと独り言をいう事が多くなりました。通勤電車の中とかでは気を付けないとです。



昨日のからの予定の通り、脚収納庫前の部分を再塗装しました。
パーツの継ぎ目を修正した跡は、どう甘く見ても満足と言える仕上がりではありませんが、下面で目立たない場所なのでこれで可としました。

b0314305_15040570.jpg

ついでに忘れていたセンターパイロン取り付け用の穴も開けておきました。


この後はパイロンや武装、キャノピー内外の塗装といった地味な作業に入っていきます。
F-86Dに浮気をしているので、完成への強い意志をもって作業しないといけませんね。





[PR]
by maximumbreak | 2016-03-20 15:30 | F-16 | Trackback | Comments(2)

案の定の浮気癖

今月は飲み会が多くて、小遣いが破綻の危機にあります。



3月中の完成を目指すとか言っていたF-16ですが、本日も作業は停滞しております。
一応、脚収納庫前のパーツと胴体部分の隙間を埋めました。
b0314305_21594365.jpg

パネルラインの入れ直して表面の処理を終えてあります。
塗装をすれば次の工程に進めるのですが、こんな状態で綺麗にいくのでしょうか。かなり不安ですねぇ。
その不安感から、塗装をする段で作業が停止してしまいました。


作業が停止するとどーなるかというと、他のキットに目移りしだします。
目移りだけにしておけば良いのですが、手をだしてしまいました。

浮気ですね。

その相手はこちら。見ての通りラファールでもF-15Eでもありません。
b0314305_21512758.jpg

何だか分かりますか? えへへへ。
これで分かったら、かなりのマニアです。あははは。





[PR]
by maximumbreak | 2016-03-13 22:07 | F-16 | Trackback | Comments(6)


最新のコメント
マスト閣下 こんばんは..
by maximumbreak at 22:05
Ta-154の競作…申し..
by マスト at 21:24
マスト閣下 こんばんは..
by maximumbreak at 22:04
スゴイ!スゴイ! 「量..
by me262b1 at 21:03
美徳様 こんにちは。お..
by maximumbreak at 15:56
完成おめでとうございま〜..
by 美徳 at 11:11
マスト閣下 おはようご..
by maximumbreak at 09:54
むねっち様 おはようご..
by maximumbreak at 09:45
完成おめでとうございます..
by me262b1 at 05:47
オッメデトー ございます..
by むねっち at 22:39
フォロー中のブログ
ファン
Links
ブログパーツ