人気ブログランキング |

次回作筆頭候補・F-8の見分

稀勢の里、優勝おめでとう。



主翼の国籍マークをマスキングして塗装の工程に入りたいP-51なのですが、このところ週末が寒いので窓を開けて塗装作業をする気になりません。

そんなワケで次回作の筆頭候補、ハセガワのF-8を見分しております。

いつもの通り、プロポーションが良いとか悪いとかは分からないので、気にしない事にします。
パーツを見ていくとそれなりに難点が。
ネットを検索すると出てくるのが、キャノピーが開状態で組めない事。
それから、米海軍機のオーソリティーの方がブログに書いていたのですが、
前縁(後縁も)フラップに問題があり、ダウン状態にすると外がにズレてしまうとのことです。

まぁ、キャノピーは閉めちゃいば問題無いし、フラップがズレるのが嫌だったらダウン状態にしなければ良いワケでね。
もっともフラップをダウンにしないと、F-8の特徴である主翼の角度を上げた状態では組めないですどね。


導入部が長くなりましたが、私的に上記の2点よりもっと気になるのは、胴体下面と一部上面の凹モールドが潰れてしまっていることですかね。
型抜きの都合、スライド金型を使わない限り仕方ないのですが、このキットは潰れ方がちょっと酷いかな。

b0314305_21242586.jpg

b0314305_21242457.jpg

b0314305_21242407.jpg

これだったら単にモールドが浅くなって消えている方が修正が楽。
内側のダボのモールドに引っ張られたヒケもありますね。


次は翼の後縁が厚い事。
特にラダーの後縁は、胴体左右を貼り合わせるためパーツの実測で1.2㎜ありました。
1/48の1.2㎜を実機に直すと57.6㎜! 戦車の装甲位ありますね。

b0314305_21242037.jpg

写真でアップはしませんが、フラップの後縁もダルくて厚くなってます。


古いキットですから仕方ないかもですが、下地作りに手間と時間が掛りそうです。
まぁ、多少手間暇が掛ったほうが、楽しかったりしてね。






by maximumbreak | 2017-01-21 22:10 | F-8 | Comments(0)

移り気モデラーの無責任日記


by Maximum
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30