人気ブログランキング |

AFVクラブ・F-5F製作後記

もう2か月、プラモデルを買っていません。



製作後記というほど大したものではないですが、AFVクラブ・F-5Fを製作して感じた事を少しだけ。
あくまでも私見ですし、6カ月も掛けて製作したので、初めの頃の事は忘れていると思いますので悪しからず。

b0314305_21143416.jpg

☆プロポーション
この点、私には良く分かりません。図面に合わせるとか寸法を測るとかしてないしね。雰囲気は良いと思いますよ。

☆パーツの合わせ
主翼、胴体、尾翼といったメインのパーツの合わせは問題ないです。胴体と主翼の合わせでパテを使ってないです。
機首左側の機関砲パネルが別パーツになっているのが不要かな。パネルを開けたところで機関砲のパーツは同梱されません。アフターパーツ組み込み用ですね。パーツ分割線とパネルラインが同一なので、接着後にモールドの修正の手間が増えるだけです。

☆オードナンスパーツ
使用したTACTS PODと燃タンの他に大型の燃タンが1本。それとAIM-9が2発入ってます。AIM-9はシャープなモールでとてもいい出来なのですが、残念な事にフィンがJ型もしくはP型の形になってます。L/M型を搭載する機体にはそのままでは流用できません。

☆細部パーツ
キット全体に言えることですが、パーツのダボが全て大きいです。そのままではキツキツかハマらないかです。事前に十分なチェックと擦り合わせを。
脚ドアが組みにくいです。脚柱とドアを繋ぐパーツの接着位置が少々曖昧です。ハブのモールドはかなり良いです。
機首のピトー管がイモ付けなので強度にかなり不安が。金属に替えられれば良いのですが、テーパーを再現できるかですね。

b0314305_17125257.jpg

シートのパーツにはベルトがモールされていません。同梱されているエッチングにもベルトは無いので、クイックブーストのレジンパーツに替えました。唯一使用したアフターパーツです。コックピット内の計器盤のモールドはけっこういけてます。

☆エッチング
エッチングが少しだけ同梱されていますが、使用したのはインテーク部分だけでした。
キャノピーフレームにつく部分は使用しませんでした。リアビューミラーはアクセントになったのですが、フレームに綺麗に接着する自身が無かったのでオミットしました。キャノピーとウィンドシールドのパーツはかなり分厚いです。胴体との幅が合わないし、閉状態にして綺麗なラインを出すのはちょっと無理かと思います。

b0314305_17125471.jpg

☆デカール
無い物、と思った方が良いかもです。

☆その他
パーツのエッジ部分にパーティングラインがけっこうあります。エッジにあるので目立たないのですが、サフ吹きor塗装をすると目立ってきます。基本中の基本ですが、事前にペーパー掛けを。
主翼パーツに金型の細かい傷or荒れがあります。ここも入念にペーパー掛けを。


以上、どうでもいい話ですが、製作しての気付いたことを書いてみました。お付き合い、ありがとうございます。



さて、次回作ですが・・・

・1/32 Ta152C (造形村の無謀なまでの改造の再開)
・1/32 B-25J (HKモデルズ)
・1/48 RF-4B (ハセガワにアフターパーツのメガ盛り)
・1/32 F4U-1A (11月発売の世界のタミヤ製品)
・1/35 Wesland Lynx & オシコシ・タンクトランスポーター (壮絶妄想)
・1/35 FORDEN DROPS (妄想の途中)

私的にはRF-4Bが最有力なんですが、こうやって妄想を膨らませている時が一番楽しいかも。








by maximumbreak | 2014-10-22 22:31 | F-5 | Comments(0)

移り気モデラーの無責任日記


by Maximum
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31