妄想こそ我が墓銘碑

移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
P-51 完成です
at 2017-02-04 22:29
やっぱ浮気かも
at 2017-02-01 22:54
ラダー後縁の修正
at 2017-01-23 23:18
次回作筆頭候補・F-8の見分
at 2017-01-21 22:10
翼端の欠損を修正しました
at 2017-01-02 20:31
謹賀新年
at 2017-01-01 21:56
インベイジョンストライプのマ..
at 2016-12-10 22:31
以前の記事
カテゴリ
タグ

タグ:モデリング ( 171 ) タグの人気記事

やっぱ浮気かも

本日、会社に退職願を提出しました。



次回作への下準備のつもりが、どんどん浮気へとのめり込んで行きつつあるF-8でございます。
ラダーの後縁を薄く修正したついでに、胴体下面のスジ彫りも修正しました。

b0314305_22262554.jpg

お世辞にも上手とは言えない出来ですねぇ。
スジ彫りに使った道具は良かったのですけど・・・。

その道具とは、メルクールの会のメンバー・美徳さんが、お知り合いの彫刻屋さんに特注していただいたスジ彫り用六角錐針ですね。


b0314305_22411404.jpg


いい感じにスジ彫りできるので、古い全凸モールドのキットを彫り直してみたくなります。
マジでこんなのに浮気しちゃいそうです。

b0314305_22410711.jpg




もちろん、嘘ですよ。






[PR]
by maximumbreak | 2017-02-01 22:54 | F-8 | Comments(0)

ラダー後縁の修正

ブドウとレモンとリンゴ。全部漢字で書けますか?



パーツの見分をして、そこに不具合があったりしたら弄ってみたくなるのがモデラーの性という物・・・ですよね。
ということで厚いラダーの後縁部を、ちょっとばかし削ってみました。

表側だけ削るとモールドが全部無くなってしまうので、左右のパーツの裏側を削ります。
ま、基本でしょうか。
180番とかのペーパーでゾリゾリやった結果がこちら。

b0314305_22594938.jpg

激変、とまではいかなくても、それなりに効果はあったかなと。
あとは胴体左右のパーツを接着後に外側を少し削ります。

尾翼の内側を削ったら当然の事ですが、尾翼と胴体の接合部で左右のパーツが合わなくなります。
ここは尾翼と胴体の接合部にカッターで切れ目をいれて、力技で左右を合わせちゃいます。

b0314305_23052183.jpg
写真では分かりにくいですね(汗)。
とりあえず、ラダー後縁の作業はここまで。


これって、浮気じゃなくて、次回作のための下準備ですから。






[PR]
by maximumbreak | 2017-01-23 23:18 | F-8 | Comments(2)

次回作筆頭候補・F-8の見分

稀勢の里、優勝おめでとう。



主翼の国籍マークをマスキングして塗装の工程に入りたいP-51なのですが、このところ週末が寒いので窓を開けて塗装作業をする気になりません。

そんなワケで次回作の筆頭候補、ハセガワのF-8を見分しております。

いつもの通り、プロポーションが良いとか悪いとかは分からないので、気にしない事にします。
パーツを見ていくとそれなりに難点が。
ネットを検索すると出てくるのが、キャノピーが開状態で組めない事。
それから、米海軍機のオーソリティーの方がブログに書いていたのですが、
前縁(後縁も)フラップに問題があり、ダウン状態にすると外がにズレてしまうとのことです。

まぁ、キャノピーは閉めちゃいば問題無いし、フラップがズレるのが嫌だったらダウン状態にしなければ良いワケでね。
もっともフラップをダウンにしないと、F-8の特徴である主翼の角度を上げた状態では組めないですどね。


導入部が長くなりましたが、私的に上記の2点よりもっと気になるのは、胴体下面と一部上面の凹モールドが潰れてしまっていることですかね。
型抜きの都合、スライド金型を使わない限り仕方ないのですが、このキットは潰れ方がちょっと酷いかな。

b0314305_21242586.jpg

b0314305_21242457.jpg

b0314305_21242407.jpg

これだったら単にモールドが浅くなって消えている方が修正が楽。
内側のダボのモールドに引っ張られたヒケもありますね。


次は翼の後縁が厚い事。
特にラダーの後縁は、胴体左右を貼り合わせるためパーツの実測で1.2㎜ありました。
1/48の1.2㎜を実機に直すと57.6㎜! 戦車の装甲位ありますね。

b0314305_21242037.jpg

写真でアップはしませんが、フラップの後縁もダルくて厚くなってます。


古いキットですから仕方ないかもですが、下地作りに手間と時間が掛りそうです。
まぁ、多少手間暇が掛ったほうが、楽しかったりしてね。






[PR]
by maximumbreak | 2017-01-21 22:10 | F-8 | Comments(0)

翼端の欠損を修正しました

今年の初夢は、会社で仕事をしているという、最低最悪のものでした。



右主翼端のパーツの欠損ですが、放置しておくとモチベが下がる一方ですので、早めに処理をすることとしました。
方法は単純、プラ片を張り付けてそれっぽく削り出していくだけでございます。

b0314305_17533393.jpg

個人的な好みの問題ですが、私はプラ同士の接着にはあまり瞬着は使用しません。プラモ専用の接着剤:今回使用したのはタミヤの白キャップの接着剤:の方が強度が高いと思っております。

接着してから硬化まで2~3時間おいたら、プラペーパーでそれらしく削り出しです。
完成形はこちら。

b0314305_17530835.jpg

左右を比べると少々形が違っておりますが、エルロンを付けてしまえば違いはさほど目立たないかなと。
正月だし、細かい事は気にしないで次に進みましょう。





[PR]
by maximumbreak | 2017-01-02 20:31 | P-51 | Comments(4)

謹賀新年

本日、生まれて初めて福袋を買いました。



拙ブログを閲覧いただいている極少数の皆様、改めて新年のお慶びを申し上げます。
特に面白いブログではありませんが、本年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


さて、いつまで経っても進捗がみられないP-51ですが、現状は主翼の国籍マークの塗装が終了しております。
この後は国籍マークのブルー部分と、インベイジョン・ストライプをマスキングしたら、銀塗装の下地のグロスブラックを塗装する段階でございます。

b0314305_21383612.jpg

ところが、ここではたと気が付くと、右翼端部分が掛けておりま(汗)。上と下の写真を見比べて下さいませ。

b0314305_21383474.jpg

そーいえば、インベイジョン・ストライプをマスキングしている時、床に落としたような気が・・・。
プラ板かプラ棒を貼り付けて、左側と同じように成形しないとです(泣)。
年明け早々、萎えますねぇ。






[PR]
by maximumbreak | 2017-01-01 21:56 | P-51 | Comments(4)

インベイジョンストライプのマスキング方法

昨夜は仕事を早めに切り上げたおかげで、今週初めて夜中の12時前に夕飯を食べることが出来ました。



主翼のインベイジョンストライプの塗装でグズグズしているP-51ですが、本日、マスキングと塗装の第一段階終了しました。
という事で、私流のストライプのマスキング方法をネタにしたいと思います。
「私はこうやりました」という内容ですので、「こんなやり方もあるのね」程度のつもりでお付き合いくださいませ。


それでは、最初の工程。基本となるラインにマスキングテープを貼ります。基本ラインはどこでも良いのですが、今回は外側黒帯の内側ラインにします。ここが全てのラインの基本になるので、斜めになったり曲がったりしないよう慎重にテープを貼ります。

b0314305_21034091.jpg


次は14㎜の幅をあけて内側黒帯の外側にマスキングテープを貼ります。
14㎜幅に切り出した紙テープをガイドに使用します。

b0314305_21034054.jpg


この紙テープの幅が中央の白帯部分になるので、紙テープの下側に沿って2本目のマスキングテープを貼ります。

b0314305_21034048.jpg


仮押さえした紙テープに合わせただけのマスキングですから、幅や直線の具合を修正していきます。2本にテープの間が中央の白帯になります。

b0314305_21034027.jpg


次は内側黒帯の幅を決めます。
先ほどの14㎜幅の紙テープを、2本目のマスキングの上側に合わせておさえます。

b0314305_21034185.jpg


この紙テープの下側に合わせて3本目のマスキングテープを貼ります。

b0314305_21034183.jpg


このままではマスキングテープの幅だけ黒帯が太くなってしまうので、3本目のテープの上側に合わせてもう1本のマスキングテープを貼ります。

b0314305_21034254.jpg


3本目のテープを剥がせば内側黒帯の幅が決まります。

b0314305_21034287.jpg


同様の作業を外側でも繰り返せば黒帯の淵のマスキングか終了です。
淵と淵の間をテープで埋めて・・・

b0314305_21444398.jpg


白を塗装。

b0314305_21454571.jpg


ドキドキしながらマスキングテープを剥がせば・・・

b0314305_21033975.jpg

インベイジョンストライプの基本塗装の完了です。


次の工程は所翼の国籍マークの塗装です。
こちらの工程は胴体と同じなので、ネタとしてアップの予定はありません。
国籍マークの塗装が終了したら、銀塗装のための下地黒塗装でしょうか。年内にここまで行ければ良いのですが。

気長にお付き合い、よろしくお願いします。




[PR]
by maximumbreak | 2016-12-10 22:31 | P-51 | Comments(2)

主翼ストライプのマスキング

今朝の4時頃、脇腹の激痛で目が覚めました。石か何かでしょうかね。



レギュレーションと実機写真とのつじつまが合わない、と申し上げた主翼のインベイジョンストライプですが、細かい話は今日も後回しとすることにして、とりあえず作業を進めました。

最初に帯状に塗装した黒の部分ですが、少しズレて塗装してしまったようです。マスキング前に念のため黒部分の幅を広げておきました。
その後、黒の部分を胴体と同じ14㎜幅でマスキングです。

b0314305_22580354.jpg

細切りにマスキングシートで帯のフチを決めていきます。
飛行状態を再現する時に使うパーツで脚収納部をマスキング。フラップも仮止めして一度にマスキングと塗装です。
片翼の作業をここまでやったら背中が痛くなってきたので、本日はここまでということで。





今日はP-51とは全然関係ないところで、こんな事をしてみました。
F-8のインテイク内の作業です。
ジェット機を作るのに一番面倒なインテイク内の合わせ目消しですね。

b0314305_22581053.jpg


白に塗装して接着。合わせ目にタミヤの白パテを盛っておきます。
硬化したらチマチマと削っていきます。

b0314305_22581222.jpg

すぐにF-8を作るワケではありませんが、気が向いた時に少しずつ進めておきます。
いざF-8を製作するとなった時、面倒な作業が終了していると楽ですからね。







[PR]
by maximumbreak | 2016-12-03 23:55 | P-51 | Comments(4)

SHS合同展示会のこと

11月の第4金曜日をブラックフライデーとか言うそうですね。前からそんなこと言ってましたっけ? 私は今年初めて知りました。



前ログから2週間経過しているのに、一向に進捗の無いP-51でございます。
本日、やっとのことで主翼のインベイジョンストライプの塗装にかかりました。胴体と同じく、黒の部分から塗装です。

b0314305_20380577.jpg

次の工程は、マスキングをして白部分の塗装ですが、少々問題がありまして・・・。
レギュレーション通りのサイズと記入位置を再現しようとすると、実機写真と全然違うことになってしまいます。
どこがどう違うかは改めてログにしますね。


今日の本題はここから。

前ログで、次作がFODENに化けるかも、なんて書いたので模型棚の奥底からキットを引っ張り出してきました。(ログに使った写真と所有しているキットは違うんですけどね)

b0314305_20375206.jpg

こいつをポチしたのは何年も前の事。
バカデカさに惹かれました。キットのタイヤ径が40㎜、実車では1.4mですね。私が横に立ったら、背丈がフェンダー位まででしょうか。

既にお手付きをしておりまして、全部ではありませんがシャーシの部分を組立てあります。

b0314305_20375322.jpg

今見ると、難解な組説を見て、よくここまで組んだと思います。若かったのでしょうね(笑)。
組説は難解なんですが、さすがアキュレイト・アーマー。サスとかドライブシャフトとか、レジンパーツだけで見事に再現されています。

b0314305_20375204.jpg

来年はこいつを持って、久しぶりにSHS合同展示会に行こうかな、なんて妄想が膨らんでます。
メルクールの展示会に毎回いらして下さるW&NのM大将に御礼も込めて、久しぶりのAFV系も良いかなと。

いかがでしょう・・・




[PR]
by maximumbreak | 2016-11-27 21:27 | delusion | Comments(6)

インベイジョンストライプの塗装

本日は自室の窓から自衛隊の航空機が飛んでいくのが沢山見えました。
ヘリの編隊、C-130、F-2、F-15。事前に分かっていればカメラを構えて待っていたのに。



国籍マークを塗装してから2週間も経ってしまいました。
次の工程、胴体のインベイジョンストライプの塗装です。

先ずは国籍マークの青ふちをマスキングしていきます。
ふちの幅は☆の直径の1/16になるので、1/32では1.5ミリになります。
幸い1.5ミリ幅のマスキングテープをストックしていたので、これを袖の周囲に貼り付けていきます。

b0314305_11022087.jpg

左右の袖が一直線になるよう、角の部分で縦横のテープが綺麗に繋がるように貼っていきます。

次は国籍マークマスキングのハイライト、丸部分のマスキング。
直径24ミリに切り出したシートを貼るのですが、貼る位置の目安とするために☆部分のセンターを出しました。

b0314305_11022251.jpg

2本のテープがクロスする所が☆のセンターになる(はず)。下にずれているような印象を受けます。
ここにサークルカッターで切り出す時にシートのセンターに空いた穴が来るように貼ります。

b0314305_11022404.jpg

因みに、丸シートの切り出しはこれが3枚目です。24ミリというは机上の計算値なので、実際に貼ってみると大きかったり小さかったりします。☆の大きさに合わせて微調整をしました。

次はストライプの黒部分の塗装です。マスト閣下がされていたように黒から塗装していきます。
後から白を塗装したほうが、吹きこぼれた部分を修正しやすいからです。

b0314305_11022636.jpg

使用する塗料はガイアのニュートラルグレーⅤとⅠ。いつものヤツです。
この状態を見ると、後から白を塗って上手くいくのか少々不安になりますねぇ。

ここに黒部分のマスキングをしていきます。

b0314305_11023537.jpg

淵は曲面に貼っても直線が出しやすいように細切りのテープで。間はエコのため再利用のものを貼りました。

ストライプの幅は計算上は1本14.4ミリですが、14ミリとして作業しました。全体では5本で2ミリの差がでますが、これは誤差という事で無視でございます。
ここに白部分を塗装。

塗料が乾燥したら、マスキング塗装で一番ドキドキ感があって楽しい部分、テープ剥がしです。
先ずはストライプ部分を剥がすと・・・

b0314305_11030145.jpg

上出来でしょ。もちろん、タッチアップは必要ですが。
上の写真では左の黒の方が太くみえますね。右側の黒の部分にはみ出た塗料を修正すれば問題なさそうです。

そして国籍マークのマスキングも剥がします。

b0314305_11032707.jpg

こちらもタッチアップは必要ですが、概ね良好ということで。



この後は左右の胴体を貼り合わせます。
胴体の塗装をするか、主翼の工作・国籍マークとストライプの塗装に進むかは未定です。






[PR]
by maximumbreak | 2016-10-16 12:07 | P-51 | Comments(1)

国籍マークの塗装

自宅近くのつけ麺屋さんが閉店しちゃいました。
有名店ではありませんが、そこの味が好きだったので結構ショックです。




前ログでは次の工程を「エンジンの補器類と主翼の工作」としましたが、予定を変更して胴体の国籍マークを塗装しました。

P-47と同様の手順で、と言ってもP-47の製作から3年も経ってますが、マスキングをしていきます。
先ずは1/32のサイズ出し。
1/32だと1インチ=0.79375ミリとなりますが、マスキングシートを切り出すのに使うのはデザインナイフと定規ですから、この精度を出すのは不可能でございます。ということで、基準は1インチ=8ミリという事にします。

P-51の場合、胴体の国籍マークの☆は直径30インチ=24ミリとなります。
先ずはマスキングシートに24ミリの円を描きます。

b0314305_12563582.jpg

この内側に☆を描くので円周を5等分していきます。
円に内接する5角形を想定するのですが、5角形の1辺の長さは円の半径の1.175倍になります。12ミリ×1.175=14.1ミリとなりますが、この0.1ミリはオミット。ディバイダで14ミリを測って印をつけていきます。
計算は緻密だけど作業は雑。まぁ、なんとなく5等分になっていれば良いという事で。

b0314305_12563584.jpg

この点を線で結べば☆の出来上がり。

b0314305_12563581.jpg

これをデザインナイフで切り出して、白塗装をしておいた部分に貼り付けます。
胴体の上部に貼ってあるテープと印は、☆の中心位置を決める目安です。
実機では胴体と尾部の接続部から前方へ36インチの所に中心がくるそうです。緻密に計算すれば模型では28.575ミリになるのですが、約29ミリといことにしておきます。所詮、目安の位置なのでこんなもので全然問題ないと思います。

b0314305_12563550.jpg

次は国籍マークの”袖”の部分をマスキングです。
袖のサイズは、長さが☆の直径の1/2、幅が1/4になるようマスキングシートを切り出し。
☆と袖が一直線になるように貼り付けます。

b0314305_12563595.jpg

ここにブルーを吹きつけて、マスキングを剥がすと・・・

b0314305_12563656.jpg
b0314305_14363700.jpg

向かって左側の袖の幅が太いですね。
デザインナイフと定規を使って切り出したシートですので、これ位は誤差のうちというとことで。
時間をおいて塗料が完全に乾燥しら、修正の作業をします。


この後はインベイジョンストライプの塗装です。








[PR]
by maximumbreak | 2016-10-02 14:45 | P-51 | Comments(0)


最新のコメント
マスト閣下 こんば..
by maximumbreak at 22:00
この手の漢字って、本当に..
by me262b1 at 05:30
マスト閣下 明けま..
by maximumbreak at 22:11
本年もよろしくお願いしま..
by me262b1 at 21:37
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 20:08
明けましておめでとうござ..
by Mighty O at 14:29
フランクパパ様 お..
by maximumbreak at 09:53
リカバリーお見事です! ..
by フランクパパ at 07:44
フランクパパ様 明..
by Maximum at 23:16
明けましておめでとうござ..
by フランクパパ at 22:11
フォロー中のブログ
ファン
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
Links
ブログパーツ