妄想こそ我が墓銘碑

移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
P-51 完成です
at 2017-02-04 22:29
やっぱ浮気かも
at 2017-02-01 22:54
ラダー後縁の修正
at 2017-01-23 23:18
次回作筆頭候補・F-8の見分
at 2017-01-21 22:10
翼端の欠損を修正しました
at 2017-01-02 20:31
謹賀新年
at 2017-01-01 21:56
インベイジョンストライプのマ..
at 2016-12-10 22:31
以前の記事
カテゴリ
タグ

<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

次回作決定(暫定)

金曜日の夜は新橋で生ビール&ホルモン。そして週末はこんな所に行っておりました。
b0314305_16460050.jpg



RF-4Bの完成から1週間。次回作について熟考を重ねた結果(嘘)、ようやく結論に達することが出来ました(多分)。

答えはこちら。
b0314305_16455534.jpg

暴挙、愚行、身の程知らず、等々のご意見・ご批判は覚悟の上。とりあえず、こちらをメインに進めてみようと思います。
目標は来年の展示会までに完成でございます。


なにしろ古いキットです。
b0314305_16455225.jpg
水平尾翼にはご覧の通りREVELL1988の刻印。モールドはしっかり凸でございます。全面凹線に掘り直しですね。これだけでも十分な暴挙かと。あははは。
発売当時、機首レドームの形状に難ありと言われましたが、どのような難だか覚えてないし覚えていたところで修正不可能なので、この点はそのままですね。


今回もRF-4に続きアフターパーツを使用します。
b0314305_16455300.jpg

中央奥がアビオニクスのコクピット、手前右からスケール・エアクラフト・コンバージョンの脚柱。パラゴンデザインの主翼折畳み機構。そしてロシアから愛を込めて届いたDモールドのインテークでございます。
こちらに加えてファーボールのデカールと、ブラッシンのMk.82スネークアイを12発搭載の予定。
またしても妄想全開のドリームキットとなる予定でございます。
コクピットとインテークのパーツが干渉しないか不安があります。組んでみてのお楽しみということで。


因みにマーキングはこんな感じ。
b0314305_17243039.jpg
尾翼のレターはNLになります。


製作に行き詰った時は、Ta152Cとリンクスで浮気をして気分を紛らわす事にします(爆)。


別件ですが、ここで少々残念な発見がありました。
完成となったRF-4Bの左主翼前縁にクラックが入っておりました。
b0314305_16454636.jpg

主翼上面がレジン、下面がプラパーツなので瞬間を使ったのですが、製作中にも一度クラックが入りました。
リカバリーの時に剥がれた瞬間をそぎ落とさずに再度瞬間で接着したので、当然のことながら上手く接着できませんでしたね。
このまま無視をするにはちょっと目立つ場所なので、何らかのパテを盛って塗装のタッチアップで誤魔化せるでしょうか。
ちょっと考えます。







[PR]
by maximumbreak | 2015-05-31 17:39 | A-6 | Comments(6)

次なる妄想

犬の健康診断にもγ-GTPという項目がありました。



RF-4Bもフィニッシュしたので、次回作への妄想が本格化しています。

候補はいくつかあるのですが、その一つとして準備を進めていたパーツが届いています。
今まで色々な海外メーカー直ポチをしました。アメリカ、カナダ、イングランド、スコットランド、フランス、ベルギー。今回、アメリカでポチをしたのですが、実際の荷物はロシアから届きました。

b0314305_20310468.jpg

箱の周囲に貼られたテープにキリル文字が。何と書いてあるのかはさっぱり分かりません。キリル文字はCCCPがエス・エス・エス・エルと読む位しか分かりません。
b0314305_20413971.jpg

ソチ五輪の記念切手が貼られていたりします。
ロシア、多分、サンクト・ペテルス・ブルクから荷物が届くなんて、冷戦時代には想像すらしなかったでしょうね。
中身は何かって? それは、次回作をこのパーツを使った物にするすか決めてないので、まだ内緒という事で。

次なる妄想を何にするかは、今週の通勤時間と会議中に考える事にします。



こちらはRF-4で使用しなかったキットのパーツです。大量にありますね。
アフターパーツのメガ盛りとかにしたのでパーツが大量に余りました。
b0314305_20310225.jpg
使用したハセガワのパーツは胴体、主翼下面、脚柱、ドロップタンク、クリアーパーツ位。残ったものが何かに流用出来るという事も無いので廃棄となります。






[PR]
by maximumbreak | 2015-05-24 20:54 | delusion | Comments(2)

RF-4B 完成です

マジで怖い夢を見ました。



当初の予定通り本日、RF-4Bが完成となりました。
製作開始から6カ月半。随分時間が掛ったものです。

b0314305_14045154.jpg

b0314305_14041176.jpg

やっと完成したワケですが、その割には感激とか達成感とかがさほどありません。
時間が掛り過ぎて、自分でも食傷気味になっていたのでしょうかね。


b0314305_14093365.jpg

b0314305_14210052.jpg

完成、と思ってみると失敗した部分や、仕上げが雑になっている部分が目立ちます。


b0314305_14034173.jpg
b0314305_14205722.jpg

ま、それはそれとして、とりあえず今は自分にお疲れ様ですね。


拙ブログをご覧いただいていた方、長い間お付き合いいただき有難うございました。




[PR]
by maximumbreak | 2015-05-23 14:40 | F-4 | Comments(10)

エキゾースト・ノズルの塗装

能力もやる気も無い部下に、せめて人並みの仕事をさせる良い方法をご存知の方がいらしたら、是非ともご教授下さい。



RF-4B最後の製作ログです・・・多分。

パステルを使う都合で、最後まで残しておいたエキゾースト・ノズルの工作が完了しました。
使用したのはブラシンのレジンパーツです。片側でレジン×3+エッチング×2の構成です。
b0314305_23131554.jpg

塗装をして接着するだけのものですが、付属のインスト通りにやるとエッチングが入らないというトラップがありますので、今後使用される予定の方はご注意ください。


内部は覗き込まないと見えないので、キモはノズル部分の塗装となります。
私としては、ファントムのエンジンはNOx規制前のディーゼルエンジンのように黒い排気煙がでるイメージがあるので、ノズルもパステルで煤けた感じに仕上げます。


パステルが乗り易くするため、艶消しの塗料を使います。黒とグレーを適当に吹いて、さらに全体にフラットクリアーでコート。そこに黒、グレー、茶のパステルを擦りつけました。
作業途中の写真は無いのですが完成形がこちら。
b0314305_23131602.jpg

煤けた感じだけではナニなんで、少し金属感も出します。
そこで登場したのがこちら。マスト閣下からいただいた、ステッドラーの6Bの鉛筆であります。
b0314305_23175179.jpg

胴体寄りの部分とエッジにハイライトを入れたら終了です。



次のアップは完成時になる予定です。アクシデントがなければ、次の週末でフィニッシュとなります。





[PR]
by maximumbreak | 2015-05-20 22:26 | F-4 | Comments(4)

フィニッシュへカウントダウン

今年のJリーグは2ステージ制といのを、今日初めて知りました。



製作開始から7カ月目に入ったRF-4Bもいよいよ完成目前となってきました。
メルクールの仲間たちは静岡ホビーショーの合同展示会に参加していますが、その間にも完成へ向けて粛々と作業を進めます。

脚周りなどのパーツは塗装完了していますので、アンテナなど細部の塗装を済ませました。
ここからは各パーツを組み付けていく作業です。
b0314305_20464927.jpg

しまった、パーツ集合写真にドロップタンクを入れるのを忘れています。

脚、脚ドア、ドロップタンクに水平尾翼を組み付けて、パイロットの乗せてキャノピーをつけたら完成です。
最後の詰めですので、慎重に進めましょう。




[PR]
by maximumbreak | 2015-05-17 21:00 | F-4 | Comments(2)

脚周りの塗装

今日の夕飯にお米を食べましたが、実に金曜日の朝食以来でした。



昨日、脚周りの塗装準備をしておいたので、予定通りに作業を進めました。

脚柱、脚ドア、アクチュエーター等の塗装です。午前9時30分位から戦闘開始。途中、1時間30分ほど所用で外出。40分ほど犬の散歩をして、午後6時の段階で出来上がったのこちら。
b0314305_20324504.jpg

まさかと思われるでしょうが、たったこれだけです。
どうしたことでしょう、この効率の悪さは。途中で塗料の瓶をひっくり返し、作業机がスターブライトシルバーに染まるアクシデントなんかもありましたが、驚くほどのスローペースでございます。
これが仕事だったら大問題になってますね。



そーいえば、昨日工作した前脚ドア。表面にはランディングライトの隣に3つの小さいライトがあります。パーツには直径0.8㎜、深さ0.5㎜ほどのモールドがあって、その奥を赤黄青に塗るようになっています。
クリアーパーツになっているので、裏側からシルバーを塗って表にクリア塗料を乗せようかと。となると問題となるのがマスキング。在庫のマスキングゾルは年代物で使い物になりません。プラ棒とかで塞ぐのもちょっとナニな感じですね。
そこで、ゾルの替りにチューブ入りにコンパウンドを詰めてみました。
b0314305_20324583.jpg

ガルグレーを吹いた結果が・・・
b0314305_20324530.jpg

まだ、赤黄青の色はつけてませんが、マスキング自体は成功でしょう。といってもこの程度だったら普通にグレーを吹いて後から3色を乗せても同じだったかな、という程度の出来ですね。


この後は本日塗装したパーツの軽い汚し&墨入れ、タイヤの塗装、機体の墨入れ。これらが終われば各パーツを組み付けて完成となります。
目標期日は5/24にします。






[PR]
by maximumbreak | 2015-05-10 21:30 | F-4 | Comments(4)

作業停滞

今日は朝がうどん、昼が蕎麦、夜はつけ麺という、まさに麺三昧の一日でした。



本日は休日だというのにモデリングが進捗しませんでした。
雨模様なので塗装を控えたとか洒落た理由でも、嫁軍曹殿から特命が下ったとかでもなく、ただ単に連休明けで2日会社に行ったでだけで妙に疲れてしまったので、自堕落な休日を過ごしておりました。

それでも明日、脚周りを塗装するべく準備を少しだけ。

前脚ドアのパーツをハセガワの物を使うか、ローヤルレジンのパーツを使うか迷っていました。
b0314305_20583920.jpg

ローヤルレジンはB型改造用なので、ランディングライトの形状がRFとは違います。
表面は同じようなものですが、裏面がローヤルレジンの方が優れてますね。
b0314305_20583949.jpg

ライトが入っているボックスが表現されています。
どうしたものかちょっと思案したのですが、ローヤルレジンの裏面のモールドを削り取ってハセガワに移植することにしました。
結果がこちら。
b0314305_20583901.jpg
う~ん。う~ん。
ま、こんなもんですかね。



ついでに今まで気乗りしなくて延ばし延ばしにしてきた作業もやっつけました。
脚柱のパイピングです。
b0314305_20583981.jpg

写真を見ても良く分からないし、私としては楽しくない部類の作業なので超適当にでっち上げました。
どーせ完成しちゃうと、あまり見えなくなりますからね。



そーいえば、昨日の昼はパスタだった。




[PR]
by maximumbreak | 2015-05-09 21:16 | F-4 | Comments(2)

カメラの装着

本日は嫁軍曹殿の命令で草むしりと洗車をする予定でしたが、草むしりが終了した時点で体力切れとなりました。



昨日のクリア掛けが終了した油断からか、本日のモデリングはあまり進捗がありませんでした。

少しだけ進めたのが機首のカメラの装着です。製作初期の段階でレンズを透明プラ棒に替えておいたヤツです。
前方のカメラはこんな感じ。機首下面のパーツはまだ仮留めです。
b0314305_21492302.jpg

それっぽいと言えばそれっぽいのですが、嘘くさいといえば嘘くさいですね。そもそも機首の下面なので、ローアングルから覗きこまないと見えません。


窓の工作であれほど大騒ぎをした側面はというとこんな感じ。
b0314305_21492034.jpg

またまた、写真では全然分かりません。あははは。
なんとなく何かが入っている、といった程度の出来ですね。


それでも、ようやく機首がRFの仕様になってきました。ついでにピトー管もつけて遊んでみました。
b0314305_21484335.jpg

このピトー管は接着しないで運搬時には外せるようにしておいた方が無難そうです。




[PR]
by maximumbreak | 2015-05-06 22:23 | F-4 | Comments(2)

クリア吹きしました

家で独り模型製作をしている午後は、あっという間に時間が経っていきます。



当初の予定通り、本日はクリア吹きをしました。

前作のF-5Fは半艶(ガイアの瓶生)で仕上げましたが、今回は3/4光沢(逆に表現すれば1/4艶消し)にしたいので、またもやガイヤのグロスクリアとセミグロスを使って調色(調合)です。

足し算引き算の上ではグロスとセミグロスを50対50で混ぜれば3/4光沢になるはずですが、そう単純な話ではないと思うので、グロス大目から調色を始めました。
試し吹きをしながらセミグロスを足していき、まぁこんなものかというクリアを作りました。適当に作っていったので、割合は不明です(汗)。

全体に吹いた結果がこちら。
b0314305_14314190.jpg

私が撮った写真では全然分かりませんね。
3/4光沢になったかというと、残念ながらかなり疑問があります。普通の半艶とあまり変わらなかった感じがしますね。
それでもF-5Fと比べると少し艶があるので、OKということにします。


実は塗装中に大ハプニング。
胴体右側の国籍マークの部分に傷がついてしまいました。エアブラシのハンガーか何かにぶつけたのでしょう。痛いエラーです。
b0314305_14312956.jpg

気を取り直してリカバリーです。
幸いなことに損傷したのは星印の先っぽとバーという単純な形の部分なので、使わなかったファーボールのデカールの切り貼りをすることにしました。インテーク・ウォーニングの部分を使います。これなら星と同じ色です。
b0314305_14313326.jpg


長さと太さを調整しながらチマチマ切り出します。
b0314305_14313413.jpg

損傷したバーの部分をペーパーで落としている間に、別の星印の先っぽも損傷してしまいました。慎重にやらないから余計な手間が掛りますね。
b0314305_14313190.jpg


ブツブツと独り文句を吐きながらリカバリーしたのがこちら。
b0314305_14313502.jpg
バーの星側の角度とか微妙な部分もありますが、全然OKでしょ。



なんとかクリアを吹き終えました。ファーボールのデカールはカルトグラフ製なのでクリアに溶ける心配はありませんでした。
ただ、ニスの部分は思っていたほど目立たなくなりませんでした。この点は次回への課題ですね。
b0314305_14324814.jpg
b0314305_14314397.jpg

クリアを吹き終えたので、長らく貼ったままだったマスキングも剥がします。あれほど大騒ぎした機首側面のカメラ窓はというと・・・
b0314305_14313789.jpg

マスキングは成功とは言い難く、さらに内側に機体塗装の塗料に飛沫がついて曇ってます(汗)。
綿棒&コンパウンドでリカバリーです。こんなところはマスキングして塗装すれば良いものを、手を抜くと後々もっと手間が掛る羽目になるというお手本のような結果です。


この後はアンテナ等、機体細部の塗装と脚、脚ドア、エンジンノズルの塗装。そして墨入れですね。
次の週末にはここまで進めたいものです。




[PR]
by maximumbreak | 2015-05-05 15:22 | F-4 | Comments(4)


最新のコメント
マスト閣下 こんば..
by maximumbreak at 22:00
この手の漢字って、本当に..
by me262b1 at 05:30
マスト閣下 明けま..
by maximumbreak at 22:11
本年もよろしくお願いしま..
by me262b1 at 21:37
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 20:08
明けましておめでとうござ..
by Mighty O at 14:29
フランクパパ様 お..
by maximumbreak at 09:53
リカバリーお見事です! ..
by フランクパパ at 07:44
フランクパパ様 明..
by Maximum at 23:16
明けましておめでとうござ..
by フランクパパ at 22:11
フォロー中のブログ
ファン
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
Links
ブログパーツ