妄想こそ我が墓銘碑

移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
脚ドアのデカール貼りました
at 2017-09-15 20:04
脚収納庫ドアの淵を塗装しました
at 2017-09-11 21:18
白塗装で苦戦中
at 2017-09-02 22:56
淡々と単色塗装
at 2017-08-16 22:05
ベントラルフィンの塗装
at 2017-08-07 08:52
P-51 完成です
at 2017-02-04 22:29
やっぱ浮気かも
at 2017-02-01 22:54
以前の記事
カテゴリ
タグ

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

レドームの凸モールド再生

圏央道が東名高速までつながりました。これで静岡は近くなったのでしょうか。


F-5のレドームにはF-16のような凸線のラインがあって、このキットでもそれが再現されていました。
レドームと胴体のつなぎ目を綺麗にするための作業では、キットのモールドを消さないようにをしていたのですが、作業しにくいので思い切って削り取ってしまいまいた。
b0314305_17301269.jpg

このままばっくれても良かったのですが、再生することにしました。
方法は簡単。プラ材を貼ってペーパーで整えるだけです。伸ばしランナーを使うかと思いましたが、ランナーは断面が丸いため伸ばしても極細丸棒になってしまいます。そこで、1㎜角のプラ板を使うことにしました。
ライターで炙って伸ばして流し込み接着剤で接着。
b0314305_17301314.jpg

このままではゴツ過ぎるので、ペーパーをあてて整えていきます。仕上がりはこんな感じ。まぁまぁの出来ですかね。塗装前にサフを吹いてみて違和感があったら、削り取ってしまいましょう。
b0314305_17301552.jpg


作業が終わってから思ったのですが、わざわざ角棒を伸ばさなくてもプラ板の細切りを貼れば済みましたね。あはは。

今日もまた遠回りしています。





[PR]
by maximumbreak | 2014-06-28 18:12 | F-5 | Trackback | Comments(0)

パネルライン再生の解決作は

本日は人間ドックのためお休みをいただきました。
腹部エコーのオペレーターさんが美人なのでドキドキしちゃいました。血圧とか心電図じゃなくて良かったです。



諸兄からアドバイスをいただいたレドームと胴体のパネルライン彫り直しの方法ですが、とりあえず手っ取り早い方法を試してみました。ダメもとの方法なんですが、結果はこちら。分かり易くするため墨入れしてますが、自分としては結果は上々かと思います。
b0314305_20221406.jpg
で、その方法とは・・・Pカッターのフリーハンドです。テープを貼るとか、曲面に合わせたプラ板を切り出して定規替りにするとかは無し。使用したのは30年近く前に購入したオルファのPカッターのみでございます。

ただ、カッターの使い方は普通のスジ彫りと違います。刃の手前の角を使って引っ張るのではなく、刃の腹の部分をパーツに当てて前に押していきます。
b0314305_20221346.jpg

元の合わせ目はパテ(グンゼの溶きパテ)で埋めてあるので周囲のプラより柔らかいですから、押し当てた刃の分の窪みができます。ああとはそれを少しずつ深くしながら幅も広げていきます。
この方法、私は主翼の上下のパネルラインを前縁でつなげる時によく使います。もちろん、失敗もしますよ。その時は二度手間、三度手間にはなりますが、もう一度溶きパテで埋め直してやり直します。

とりあえずやってみた方法なんですが、それなりの結果になったので、これで良しとしましょう。




[PR]
by maximumbreak | 2014-06-25 20:43 | F-5 | Trackback | Comments(2)

パーツ合わせ目の修正なんですが

東部戦線の兵に告ぐ。この瞬間に史上最大規模の・・・
3年前の今日もこのフレーズを使った気がするなぁ。


予定では昨日、本日と模型三昧となるはずでしたが、昨日はなんと昼寝三昧の一日となってしまいました。本日も危ういところでしたが、マスト閣下のブログ更新に触発されて少しだけモデリングを進めることができました。
で、本日のお題はこちら。パーツの合わせ目の修正でございました。

b0314305_21183515.jpg
機首部と、写真はありませんがテイルの部分。パーツの合わせ目が実機のパネルラインになっているところです。
世界のタミヤ様のキットだと、ここはパーツを貼った合わせ目がそのままパネルラインになってくれるのですが、残念ながらAFVクラブのキットにはそこまでの精度はありません。なるべく瞬間やパテを使いたくないので、接着剤を多めにつけて乾燥後にPカッターでラインを掘ります。
が、結果は惨敗。随分前のログでも書きましたが、自分がこれほどズジ掘りがヘボだったとは・・・。あまりのヘボさに写真も撮っておりません(泣)。仕方なくパテに登場いただいて、現在はその硬化待ちでございます。
パーツの合わせ目を綺麗なパネルラインにする良い方法をご存知の方がいらしたら、ご教授のほどよろしくです。


1日の作業としてこれだけではナニなんで、主翼とフラップ、エルロンのパーツを付けました。迷彩塗装を考えたら、パーツの段階で塗装してから組み立てるマスト閣下のたい焼き工法が良いのですが、私にはその技術がないのでオーソドックスな工法でいきます。

b0314305_21183392.jpg
尾翼は接着していませんが、こうして士の字になると飛行機らしくなってきました。

やっぱ今日の作業量では、模型二昧がせいぜいといったところでしたね。







[PR]
by maximumbreak | 2014-06-22 21:50 | F-5 | Trackback | Comments(8)

戦車が来た!

ネイマール、ロッベン、ロナウド。やっぱ凄い選手ですね。でも、プラモを作らせたら自分の方が上手だと思います。


飲み会をキャンセルして浮いた会費でポチった戦車のプラモが届きました。
b0314305_01483596.jpg

戦車じゃなくて対戦車自走砲なんですが、ま、細かい事は言わないようにね。自分的にはAFVのプラモを購入するのは超久しぶりでございます。さらに、新製品の購入となると最後が何時で何のキットだったか分かりません。
世界のタミヤ様の新製品なので組立てには全く問題が無いででょうから、こいつを作る時は塗装で楽しみましょう。



では、どんな塗装を頼みたいかというと、自分的にナースホルンのイメージはこちらです。
b0314305_01483577.jpg
ドイツ戦車の冬季迷彩は作ったこと無いですが、こんな感じに仕上げてみたいですね。これも、いつもの妄想の類なんでけど・・・。




[PR]
by maximumbreak | 2014-06-20 23:19 | Nashorn | Trackback | Comments(4)

前進と言うのにはあまりにも・・・

仕事が終わらないので会社の飲み会をパスしました。浮いた飲み代で戦車プラモをポチしました。


昨日、一昨日の土日もF-5Fは全くと言っていいほど進捗がありませんでした。
僅からながらの前進は、マスト閣下からの勅命で付けることに決まった、ドロップタンクを貼り合わせたくらいです。

b0314305_22081664.jpg

飛行機モデルの翼にぶら下げる武装パーツは、最後に作ろうとするとやたら面倒になってしまうので先に作っておいたのですが、この程度が面倒になるようだったら模型なんか作らないほうが良いですな。

次の週末は2日とも嫁軍曹殿が不在なので模型三昧といきたいです。







[PR]
by maximumbreak | 2014-06-16 22:21 | F-5 | Trackback | Comments(2)

モチベの源 サークルの例会

「ノルマンディー上陸作戦って何?」 テレビのニュースを見ていた嫁に質問されましたが、ド素人相手に何をどう説明したら良いのか分かりませんでした。



本日は所属サークル・メルクールの会の例会がありました。
遠方からうさぎ氏が参加してくれたのですが、持参いただいた製作中のキットがT-38でありました。ウルフパックのキットをNASAのマーキング。
これを拝見したら停滞中のF-5のモチベが盛り返してきました。うさぎ氏に感謝ですね。
b0314305_20491782.jpg


帰宅後に作業にかかりまして、前ログでアップしていた機首と胴体部の分割部分のパネルラインを掘り直しました。(写真はありません)
さらに一歩進んで水平尾翼の工作です。
AFVクラブのパーツ割りはこちら。左右の尾翼が心棒で繋がっています。なんか懐かしい感じがしますねぇ。このままでは塗装しにくいので、左右をバラして最後に差し込めるように改修します。いってみれば定番の工作ですね。

b0314305_20474750.jpg


真鍮パイプを胴体部に渡して・・・
b0314305_20474917.jpg
尾翼の心棒をカットして、胴体のパイプの内径に合ったパイプを尾翼に埋め込んで・・・
b0314305_20475276.jpg

胴体仮面のパーツを接着して尾翼を差し込みます。

b0314305_20475868.jpg
全工程15分位の作業だったでしょうか。
この程度の作業ですから、チャッチャカと済ませちゃいえば良いのですよね。何をグズグズしていたのでしょうか。


例会ではカスタムモデルズさんから、VFC-111のデカールをゲットしてきました。
b0314305_20481487.jpg
TWO BOBS製です。こちらはF-5E用なんですが、シャークマウスとかコーションデータを使わせていただこうかと。TWO BOBS製といっても中身はマイクロスケールですから、キット付属のものより上質のはずです。
右下にある「SUNDOWNERS」の文字も魅力的です。こちらはドロップタンクに貼るのですが、当初の予定になかったタンクをつけたくなりました。






[PR]
by maximumbreak | 2014-06-08 21:13 | F-5 | Trackback | Comments(4)

モデリングも低気圧も停滞中

秋の日の ヴィオロンの ため息の
身にしみて ひたぶるに うら悲し


ため息がでるほど、モデリングが停滞しています。
F-5Fは胴体と機首のパーツの接合部のパネルラインを掘り直すところで止まっています。既に2週間この状態。

b0314305_22101394.jpg

11月の展示会にF-5Fともう一つ何かを完成させるなんて、夢のまた夢と終わりそうです。





[PR]
by maximumbreak | 2014-06-06 22:14 | F-5 | Trackback | Comments(2)


最新のコメント
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 21:27
本日は例会お疲れ様でした..
by Mighty O at 20:00
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 21:25
マスト閣下 こんばんは..
by maximumbreak at 21:15
おはようございます。 ..
by Mighty O at 05:05
こんばんは。 脚扉の内..
by me262b1 at 22:14
マスト閣下 おはようご..
by maximumbreak at 09:08
よっぽど根気が充実してい..
by me262b1 at 22:19
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 22:35
自分も暫くは純粋な白は塗..
by Mighty O at 19:14
フォロー中のブログ
ファン
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
Links
ブログパーツ