妄想こそ我が墓銘碑

移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
P-51 完成です
at 2017-02-04 22:29
やっぱ浮気かも
at 2017-02-01 22:54
ラダー後縁の修正
at 2017-01-23 23:18
次回作筆頭候補・F-8の見分
at 2017-01-21 22:10
翼端の欠損を修正しました
at 2017-01-02 20:31
謹賀新年
at 2017-01-01 21:56
インベイジョンストライプのマ..
at 2016-12-10 22:31
以前の記事
カテゴリ
タグ

<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

仮組み

勤務する会社は15階建てビルの11階にあるのですが、エレベーターの行先階ボタンを自分が「11」を押して、同乗した人が「13」を押すと、フォッケの後期型を連想してしまうのは完全に病気と言って良いかもです。


製作開始から2か月以上経つTa152Cですが、未だに飛行機の形になりません。主翼の基本組立ての目途がたったところで、プロポーションの確認とモチベアップのために仮組みしてみました。
マスキングテープで仮止めの状態ですが、なかなかいい感じです。コクピットから前が長く、タンクの雰囲気が漂いますね。
b0314305_22141783.jpg

後方からはこんな感じ。大きな垂直尾翼がそれらしいです。
b0314305_22141711.jpg
こういうのを見ると、グッとモチベが上がります。
(ホワイトバランスが上手くいってなくてすみません)




[PR]
by maximumbreak | 2014-03-28 22:32 | Ta152C-1 | Comments(0)

Ta152H型からC型への改修点:主翼組立て編

今朝の電車で自分の前に立ったおねぇちゃん。妊婦さんなのか、ただのデブなのか微妙で対応に困りました。


Ta152Cへの改造で最もおいしいパートの一つ、主翼の工作の続きであります。切り刻んだパーツを翼の形に組んでいきます。先ずは造形村のパーツを桁に貼り付けていきます。ここまでは問題なし。というか問題があったら問題です。

b0314305_22451673.jpg

造形村のパーツにハセガワの翼端部を貼り付けます。先ず下面から。それぞれのパーツの切断面がツライチになるように、そしてエルロン後縁部がフラップ後縁部と直線になるようにします。
b0314305_22451794.jpg


前縁が揃っていないのは無視。次は上面のパーツ。やはり切断面がツライチになるようにしながら後縁部を下面と合わせて接着します。
b0314305_22452094.jpg

そうするとパーツの厚みの違いが前縁部に隙間となって現れます。
b0314305_22455804.jpg


ここにプラ板のクサビを打ち込んでペーパー掛け。写真が後ピンですみません。
b0314305_22454313.jpg


ネックと思っていたパーツの厚みの違いですが、なんとなく上手くいったような気がします。ま、見る人が見たらダメ出しされちゃうんでしょうけどね。
b0314305_22564018.jpg

バラバラのパーツをツライチになるように気を付けて接着はしましたが、それでも段差は出ます。あとは瞬着orパテとペーパー掛けで整えていきましょう。
b0314305_22564237.jpg



今日は左翼の工作でした。右翼は明日・・・の予定。




[PR]
by maximumbreak | 2014-03-26 23:29 | Ta152C-1 | Comments(2)

フォッケの大編隊

通勤電車で前に立っていた女性の細く長い指が羨ましいです。自分の指もあんなだったら、ジェット機のインテークのペーパー掛けがもっと楽で綺麗に仕上がりそうです。

Ta152Cの製作が進まないので、今日は暇ネタをひとつ。

在庫の棚にあるフォッケを集めてみました。いやいや、自分でも呆れる数がありました。こんなにフォッケが好きだったかなと思います。
b0314305_21433043.jpg
箱の数で13。Ta152をフォッケに数えるか・・・はありますが、これだけありました。箱は13個でも中身は16機分あります。左のトラマス版D-9は2機入り。その下のトラマス版F-8にはタミヤのF-8も同梱されています。さらにその下のハセガワ版A-4にはA-5が同梱されております。
A-4 ×1
A-5 ×1
A-9 ×1
F-8 ×2
D-9 ×7
D-11 ×1
D-13 ×1
Ta152 ×2

サブタイプの違いはあるとはいえ、フォッケ+タンクで16機。他に同一機種、車種での複数在庫はタスカのM4シャーマン系がファイアフライを含めて6台というのがありますが、16機は群を抜いたダントツ。
所属サークルの次々回展示会テーマが「ドイツ機」らしいので、準備は万端でございます。あははは。





[PR]
by maximumbreak | 2014-03-24 21:57 | stock | Comments(0)

Ta152H型からC型への改修点:主翼

4Kテレビの4Kとは、キツイ、キケン、キタナイともう一つは何だろう?


胴体部分はパテ盛りの硬化待ち中。せっかくの休日、時間がもったいないので、Ta152HからCへ改造のメインイベント、主翼の改造工作を始めました。

造形村のボックスには「Ta152は翼にあり!!」と書かれています。ビックリマーク二つです。確かに長いスパンがTa152の魅力なんでしょうが、自分としては、あの長いスパンがどうも戦闘機に見えなくて・・・。ロール性能とか悪そうだし、やっぱスパンの短いC型の方が好きなんですよね。
と、能書きをたれていても仕方ないので作業にはいります。造形村のオリジナルパーツがこちら。細かく分割されていて主翼のどの部分のパーツだか分かりませんね。ストレートで組んでも、ちゃんと形になるんだろうかと不安になります。
b0314305_21453909.jpg
で、こいつをどれ位短くするのかというと・・・けっこうバッサリです。
b0314305_21453931.jpg
スパンを短くするほかに、エルロンをFw190と同じ形に戻す必要があります。当初、ハセガワの古のキット、Fw190Aの主翼パーツを使おうかと思いましたが、エルロンと主翼の分割ラインが間違っています。仕方ないので同社のFw190D-9の主翼パーツを流用することにしました。後で部品請求しないとですね。
b0314305_22073725.jpg
とりあえず、エルロンの部分でパーツをバッサリカットしました。後先を考えずにカットします。この手の作業は後先を考え過ぎても進まなくなってしますのでね。
b0314305_21453923.jpg
エルロンと翼端はハセガワのパーツ、前縁部分は造形村のパーツを使うようにして、さらにカットしていきます。いつもの現物合わせです。作業前は片側3個だったパーツが5個に増えました。そーいえば自分が所属するサークルに、やたらパーツを切り刻むのが好きな会員さんがいましたっけ。彼は作業が進むにつれてどんどんパーツが増えていって、やがて収集がつかなくなり結局完成しないんですよね。自分も未完に終わらないように気を付けないとです。
b0314305_22490192.jpg
閑話休題。左側が各パーツをカットした後。右側がこれからかっとするところ。スパンが凄く短くなって、切りすぎてしまったような気がします。
b0314305_21453965.jpg
とりあえず、すべてのパーツのカットが終了しました。これが本当に翼の形になるのか、かなり不安があります。
b0314305_22565543.jpg

平面形は図面に合わせながら作業をすれば、形を整えるのはそれほど大変ではないのですが、問題は翼の厚みですね。断面の形は実際に切ったパーツを合わせてみないと分からないですから。ハセガワと造形村と全く違うパーツを使用していますから、翼厚が違って当然ですよね。その辺は組みながら考えることにしましょう。って、大丈夫かな?







[PR]
by maximumbreak | 2014-03-21 23:03 | Ta152C-1 | Comments(2)

シートベルト装着

電車に乗っていても、会社にいても、家に帰ってきてからも、一日中眠いです。



1週間ぶりの更新であります。先週は体調不良と残業で、製作が停止しておりました。残り6週間での完成は、日増しにその絶望の度合いを高めております。

で、昨日からの成果はこちら。コクピットにシートとシートベルトが付きました。とてもあっさりとした仕上がりではありますが、コクピットはこれで終了という事にします。
b0314305_11422742.jpg
ベルトの肩の部分の留め金が、左右で高さが違ってしまいました。気付かないふりをしてください(笑)。
使用したベルトはファインモールのナノ・エヴィエーション。使い易さと再現度は秀逸かと思います。

写真には計器盤が無いですが、こちらも一応、塗装を終了しています。でも写真は無し。とてもアップに耐えられるような出来栄えではないのでね。完成しちゃえばほとんど見えないということで・・・。





[PR]
by maximumbreak | 2014-03-16 12:21 | Ta152C-1 | Comments(2)

モデラーの性・・・先物買い

コーヒーを飲むとトイレが近くなります。昔は「利尿作用」って「離尿」と書くと思ってました。


カスタムモデルズさんでデカールをゲットしました。Ta152の妄想に取りつかれる前に、やはり妄想にとりつかれていた1/32・B-25Jのデカールであります。
キッツワールド製ですが、同社のデカールを購入するのは初めて。その出来がどんなだかと思ってましたが、かなりいい感じのプリントでした。
b0314305_17280007.jpg
ノーズアートにはるおねぇちゃんのデカールですから、出来によってB-25の製作が左右されるかと。でも、心配無用、これならモチベが上がりますね。Ta152の次回作はこいつで決まり・・・かな。
因みに使うのは上の上半身ヌードのおねぇちゃんです。セクシーですよん。残ったデカールが欲しい方がいらしたら差し上げますよぉ。でも必ず完成させて下さいね(笑)。



さて、肝心のTa152はというとこんな状態。胴体のリベットを打つ前にちょっと仮組みしてみました。
b0314305_17275864.jpg
全長約30㎝、迫力あります。今日は友人にあって模型談義をしたので、沢山のエネルギーをいただきました。この勢いでビシバシ工作を進めましょう。完成期限まであと48日なんでね。





[PR]
by maximumbreak | 2014-03-09 18:02 | B-25J | Comments(0)

趣味の中の趣味

消費税が上がる前にプラモの買いだめをするか迷っています。


プラモデル製作の作業の中で、面倒臭いと敬遠されがちなものに「リベット打ち」があります。カルコや専用の道具を使ってチマチマと打っていくのは、確かに面倒臭い作業であります。
ところが、自分はこの作業が結構好きだったりするんですね。ビシッと綺麗に打てると精密感が上がりますし、主翼とかリベットラインが1本づつ増えていくと、なんとなく達成感があったりします。

もちろん今回もリベット打ちは外せません。で、その前にキットにモールドされているリベットを埋めました。手始めに胴体から。
b0314305_21032163.jpg
一応、溶きパテを使ったのですが、作業をしてみて不具合があったら瞬間等でやり直しましょうか。後部にある黒い部分は、C型にはない信号弾発射口を黒瞬間で埋めたところ。今更ですが、ここは瞬間で埋めるよりも一度穴を開けてプラ材で塞いだ方が綺麗で簡単だったかもですね。



それにしても、製作開始から5週間以上経っても一向に形になってきません。こんな調子で4月末に完成するのか甚だ疑問であります。というか、無理だよね。






[PR]
by maximumbreak | 2014-03-04 21:27 | Ta152C-1 | Comments(2)


最新のコメント
マスト閣下 こんば..
by maximumbreak at 22:00
この手の漢字って、本当に..
by me262b1 at 05:30
マスト閣下 明けま..
by maximumbreak at 22:11
本年もよろしくお願いしま..
by me262b1 at 21:37
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 20:08
明けましておめでとうござ..
by Mighty O at 14:29
フランクパパ様 お..
by maximumbreak at 09:53
リカバリーお見事です! ..
by フランクパパ at 07:44
フランクパパ様 明..
by Maximum at 23:16
明けましておめでとうござ..
by フランクパパ at 22:11
フォロー中のブログ
ファン
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
Links
ブログパーツ