妄想こそ我が墓銘碑

移り気モデラーの無責任日記
by Maximum
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
脚ドアのデカール貼りました
at 2017-09-15 20:04
脚収納庫ドアの淵を塗装しました
at 2017-09-11 21:18
白塗装で苦戦中
at 2017-09-02 22:56
淡々と単色塗装
at 2017-08-16 22:05
ベントラルフィンの塗装
at 2017-08-07 08:52
P-51 完成です
at 2017-02-04 22:29
やっぱ浮気かも
at 2017-02-01 22:54
以前の記事
カテゴリ
タグ

カテゴリ:F-5( 34 )

AFVクラブ・F-5F製作後記

もう2か月、プラモデルを買っていません。



製作後記というほど大したものではないですが、AFVクラブ・F-5Fを製作して感じた事を少しだけ。
あくまでも私見ですし、6カ月も掛けて製作したので、初めの頃の事は忘れていると思いますので悪しからず。

b0314305_21143416.jpg

☆プロポーション
この点、私には良く分かりません。図面に合わせるとか寸法を測るとかしてないしね。雰囲気は良いと思いますよ。

☆パーツの合わせ
主翼、胴体、尾翼といったメインのパーツの合わせは問題ないです。胴体と主翼の合わせでパテを使ってないです。
機首左側の機関砲パネルが別パーツになっているのが不要かな。パネルを開けたところで機関砲のパーツは同梱されません。アフターパーツ組み込み用ですね。パーツ分割線とパネルラインが同一なので、接着後にモールドの修正の手間が増えるだけです。

☆オードナンスパーツ
使用したTACTS PODと燃タンの他に大型の燃タンが1本。それとAIM-9が2発入ってます。AIM-9はシャープなモールでとてもいい出来なのですが、残念な事にフィンがJ型もしくはP型の形になってます。L/M型を搭載する機体にはそのままでは流用できません。

☆細部パーツ
キット全体に言えることですが、パーツのダボが全て大きいです。そのままではキツキツかハマらないかです。事前に十分なチェックと擦り合わせを。
脚ドアが組みにくいです。脚柱とドアを繋ぐパーツの接着位置が少々曖昧です。ハブのモールドはかなり良いです。
機首のピトー管がイモ付けなので強度にかなり不安が。金属に替えられれば良いのですが、テーパーを再現できるかですね。

b0314305_17125257.jpg

シートのパーツにはベルトがモールされていません。同梱されているエッチングにもベルトは無いので、クイックブーストのレジンパーツに替えました。唯一使用したアフターパーツです。コックピット内の計器盤のモールドはけっこういけてます。

☆エッチング
エッチングが少しだけ同梱されていますが、使用したのはインテーク部分だけでした。
キャノピーフレームにつく部分は使用しませんでした。リアビューミラーはアクセントになったのですが、フレームに綺麗に接着する自身が無かったのでオミットしました。キャノピーとウィンドシールドのパーツはかなり分厚いです。胴体との幅が合わないし、閉状態にして綺麗なラインを出すのはちょっと無理かと思います。

b0314305_17125471.jpg

☆デカール
無い物、と思った方が良いかもです。

☆その他
パーツのエッジ部分にパーティングラインがけっこうあります。エッジにあるので目立たないのですが、サフ吹きor塗装をすると目立ってきます。基本中の基本ですが、事前にペーパー掛けを。
主翼パーツに金型の細かい傷or荒れがあります。ここも入念にペーパー掛けを。


以上、どうでもいい話ですが、製作しての気付いたことを書いてみました。お付き合い、ありがとうございます。



さて、次回作ですが・・・

・1/32 Ta152C (造形村の無謀なまでの改造の再開)
・1/32 B-25J (HKモデルズ)
・1/48 RF-4B (ハセガワにアフターパーツのメガ盛り)
・1/32 F4U-1A (11月発売の世界のタミヤ製品)
・1/35 Wesland Lynx & オシコシ・タンクトランスポーター (壮絶妄想)
・1/35 FORDEN DROPS (妄想の途中)

私的にはRF-4Bが最有力なんですが、こうやって妄想を膨らませている時が一番楽しいかも。








[PR]
by maximumbreak | 2014-10-22 22:31 | F-5 | Trackback(2) | Comments(0)

F-5F 完成です

今シーズン初めてプロ野球中継を見ています。



製作開始から5カ月半、スローペースで進めてきたF-5Fが完成となりました。
改造をしたとかディテールアップに凝ったとかではないのですが、随分と時間が掛ったものです。まずは11月1日、2日のメルクールの会展示会に間に合って良かったです。

b0314305_17125578.jpg

b0314305_17130197.jpg

コクピット内を見せたいワケではありませんがキャノピーは開状態に。閉じた時に分割されたパーツがキッチリと合わないので開けて誤魔化しました。


b0314305_17125767.jpg

b0314305_17125977.jpg

失敗したところや妥協したところが多々ありますが、完成させる事を最重要目標にしてきましたので十分満足であります。今夜はこいつを眺めながらジントニックで祝杯といきます。


このキットを製作した感想は改めてアップしたいと思います。




[PR]
by maximumbreak | 2014-10-18 21:05 | F-5 | Trackback | Comments(4)

脚が付きました

この3日間はプラモを作っているか、テレビを見ているか、昼寝をしているかという素晴らしい3連休になりました。



この程度で作業が進捗したかどうかは微妙なんですが、脚のパーツがつきました。

b0314305_21213953.jpg

脚カバーはまだです。まだなんですが、このカバーが結構な難物。実機の取り付け方法を再現しているため、取り付け位置と角度が決まらないし、強度を出すのが大変そう。模型なんである程度は作り易さを考えてもらった方が良かったかと。


全体はこんな感じ。なんか格好悪いな。

b0314305_21214059.jpg

完成まで平日4日と土曜日1日。やっぱちょっと微妙かなぁ。





[PR]
by maximumbreak | 2014-10-13 21:30 | F-5 | Trackback | Comments(2)

クリアー掛け&墨入れ

今日のT-岡田の逆転3ランは、素晴らしいの一言に尽きます。



台風が来る前にクリア掛けを終わらせました。さらにオマケの墨入れも。ビジュアル的にはさほど変化はないのですが、雰囲気はこんな感じであります。

b0314305_21013325.jpg

TWO BOBSのデカールが上質とはいえクリアー部分はあるワケで、ピカピカのグロス塗装の上に貼ったワケではないので、どうしてもシルバリングはしてしまいます。クリア塗装で少しは抑えられましたが、それでも多少のシルバリングの部分は残りました。
これを消そうとしても、どんどん厚塗りになっていくだけなので、適当なところで終わりとしました。

これで機体の塗装は終了となります。


あとは脚柱とキャノピーを開状態にする工作です。あ、それとシートが未塗装でした。

展示会前最後の週末は不在となるため、完成目標は次の週末。ハプニングが無い限りなんとかなりそうですが、明日と17日の土曜日が勝負です。
予備日は18日の日曜日ですが、その場合はメルクールの会の例会は欠席ですね。




[PR]
by maximumbreak | 2014-10-12 21:28 | F-5 | Trackback | Comments(2)

デカール貼り終了

本日は所持金560円で一日を過ごしました。なんとかなるものです。


2夜連続の作業でデカールを貼り終えました。
現用ジェットのわりにはコーションデータも少ないのでさほど時間が掛らずに貼り終えました。
あちこち曲がっている気がします。まぁ、こんなもんでしょう。

b0314305_23034036.jpg
b0314305_23034055.jpg
本当は機番は101ではありません。いわゆるダブルナッツの100です。
キットには100番のデカールが付属していますが、使い物にならないのでTWO BOBSのF-5E用デカールを使用しました。なのでBu.ナンバーもインチキであります。おまけにコーションデータもTWO BOBSのインスト通りに貼ったので、F-5Fとは違うかもです。
それでも、それっぽくなればOKの雰囲気重視であります。

週末に上からクリアーを吹きたいのですが、台風が来るので塗装は無理かもですね。でも、残り時間を考えると強行しないと間に合わなくなるかもです。





オマケの話。
TWO BOBSが上質なデカールといっても、貼る場所が決まらずにグズグズしていると糊が弱くなってしまいます。そんな時はよく木工ボンドを水で薄めて糊替りにするのですが、今回は木工ボンドではなくこちらのスティック糊を使用してみました。

b0314305_23034051.jpg

ブルーに着色されていますが、乾燥すると透明になります。筆に水を含ませて水溶きして使ってみました。

b0314305_23034053.jpg

乾燥も早くて使い易いのですが、クリアーを吹いた時にどんなでしょうか。結果は今週末以降のお楽しみです。






[PR]
by maximumbreak | 2014-10-10 00:18 | F-5 | Trackback | Comments(0)

デカールのこと

そーいえば、未だに咳が止まっていません。ボチボチ1カ月。やっぱ何かの病気でしょうかね。


デカールを貼り始めました。

TWO BOBS のデカールは薄くて余白が少なく、糊もしっかりしていて上質なものです。その分、貼る時には神経を使います。VFC-111などほとんどのものに予備がないので失敗できません。デカールを貼るのも超久しぶりなので、けっこうドキドキします。

b0314305_21432412.jpg

因みに主翼上面のウォークウェイは、キットのモールドとはアウトラインが全然違います。バラバラに切り飛ばしてモールドのラインと合わせようかと思いましたが、失敗したら後がないのでやめておきました。

この後はNAVYの文字やシャークマウスを貼るのが楽しみです。
特にNAVYのデカールを貼るというのは四半世紀越しの野望でありました。米海軍のジェットが作りたいと言って随分と長い時間が経ちましたが、もう少しで実現しそうな感じです。F-4やF-14でなくF-5のアグレッサーというのも微妙な感じではありますが、一応はNAVYなので野望の実現という事にしましょう。




そして本日はお詫びと訂正があります。
以前のログでジェットノズル部分が筒抜けと書きましたが、ちゃんとエンジン後端のパーツがありました。

b0314305_21432262.jpg
大変な失礼をいたしました。お詫びして訂正させていただきます。






[PR]
by maximumbreak | 2014-10-07 22:08 | F-5 | Trackback | Comments(0)

TACTS PODの塗装

会社の敷地内でセアカゴケグモが目撃されました。区の職員が出動したのですが、補足撃滅には至りませんでした。
ゴケグモというのだからブラックウィドウの一種なんでしょうか。


展示会まで1カ月を切るという状況のなか、翼端灯の塗装などチマチマと作業を進めています。チマチマ作業なので機体自体はビジュアル的には進展がないので、本日は細いところですがコチラをアップしました。

b0314305_14195283.jpg
左翼のAIM-9ランチャーレールに装備するポッドです。以前のログでキャプティブ弾だかイナート弾と書きましたが、TACTS PODというらしいです。

キットの塗装指示はオレンジですが、オレンジにすると目立ち過ぎると思うので、グレーにしてみました。本来は型番を示すアルファベットと数字があってキットにもそのデカールがあるのですが、このデカールが全く使いものになりません。
台紙から剥がす時にバラバラになるか、上手く貼れても糊が弱いためキットに定着してくません。6回トライして全て失敗です。

前ログで書いたデカールメーカー・TWO BOBSにAIMやPOD用のデカールがあるのですが、いまからお取り寄せをしている時間も微妙だし、これだけのために別売デカールの購入もさらに微妙なので、今回はこのままにします。


昨夜から本日にかけての作業でしたが、一番大きな成果はキット付属のデカールは使えないのが分かったことでした。




[PR]
by maximumbreak | 2014-10-05 14:51 | F-5 | Trackback | Comments(2)

ちょっとだけデカール貼り

咳が止まらないうちに飲み会に行ったら、なおさらひどくなりました。ま、当たり前か。


本日の作業予定は、機体の塗装をする際にマスキングの隙間からコクピットの中に吹きこぼれた部分の修正でありました。機体側をマスキングして、エアクラフトグレイとマットブラック(実際にはブラックではなくダークグレーですが)を吹くだけなので、小1時間もあれば終了です。ちょっとしたトラブルはありましたけどね。


次の作業はシートの塗装のはずだったのですが、ほんの遊び心でついつい脇道へそれてしまいました。それた脇道とはこちら、ドロップタンクの塗装とデカール貼りでございます。

b0314305_22514714.jpg
使用したのは米国はカリフォルニアからやって参りました TWO BOBS のデカールであります。同社のデカールは初めて使用しましたが、薄手の上質なものです。それもそのはず、プリントはマイクロスケールでありました。
デカールに付属しているインストの写真と比べると、少々オーバースケールな感じがしますが、アクセントになるので全然OKです。




[PR]
by maximumbreak | 2014-09-23 23:22 | F-5 | Trackback | Comments(2)

RISING SUN

2週間経っても咳が止まりません。


先週のお約束を守って、今日は尾翼の塗装をしました。本キットを製作する上でのハイライトのひとつですね。
出来上がったのがこちら。マスキングの淵が盛り上がってしまったり、少々厚塗りになっていたり、底面の赤の部分が少し幅広になった感じもしますが、自分的には上出来であります。
b0314305_14322198.jpg


塗装にあたって用意するのはこちら。世界のタミヤ様のマスキングシート、一度貼ったマスキングシートが剥がせるように表面がツルツルの薄手の紙、そしてデカール。
b0314305_14320909.jpg

薄手の紙にシートを貼って、それをデカールに乗せてRISING SUNのラインをトレースしていきます。
タミヤのシートはシート自体が薄いので、下にしたデカールが良く見えてトレースしやすいです。
b0314305_14321156.jpg

トレースしたシートにナイフで切れ目をいれたら、一枚づつ尾翼に貼っていきます。
右上の部分が貼る場所を決めやすいので、ここを最初に貼ります。
b0314305_14321308.jpg

後はこれに合わせながら左右を貼っていきます。
b0314305_14321692.jpg

全部貼り終えたら赤く塗装する部分を剥がします。
b0314305_14322013.jpg

下面のラインが直線になっているか、尾翼の両サイドを貼って左右がずれていなかなどの微調整をしたら塗装。
ボワッっと赤を吹いて、マスキングを剥がせば最初の写真になっています。
塗装作業の中で、マスキングテープを剥がす瞬間ってドキドキしますよね。



塗装した尾翼を機体に乗せるとこんな感じです。いい感じですね。
b0314305_14322323.jpg

全体の雰囲気はこんな感じ。モチベが上がります。
b0314305_14322451.jpg

次は、ずっと先延ばしにしていたコクピット周辺の仕上げにかからないとです。





[PR]
by maximumbreak | 2014-09-20 15:04 | F-5 | Trackback | Comments(2)

迷彩はここまで、ということに

1週間経っても咳が止まりません。


わざわざアップするほどの進捗は無いのですが、今日を逃すと次の週末まで間が空いてしまうので更新しておきます。

迷彩のタッチアップをして、キャノピーフレームを塗装。レドームとエンジンノズル部分も塗装したので、機体の主だった塗装作業は完了とします。
この3連休で尾翼の塗装までかかりたかったのですが、前ログのキャノピーのパーティングライン消しに時間を取られてしまったので、今週はここまでとなりました。

b0314305_21020522.jpg

因みにキャノピーは幅が機体と合いません。機体の方が広いです。なので予定通り開状態とするのですが、キャノピーは開けてしまえばOKでもウインドシールド部分はどうしましょう。一番簡単な解決策である「無視」とするしかないですね。


エンジンノズルの塗装はガイアのメタリックを使いました。前作のP-47Dで使った時はいい感じだったのですが、今回は粒子が荒くなってしまいました。下地作りが拙かったのか、塗料の濃度とかエアブラシの使い方が拙かったのでしょうか。でも、ここも一番簡単な解決策の無視でいきます。


次の週末はいよいよ尾翼の塗装にかかりましょう。




[PR]
by maximumbreak | 2014-09-15 21:39 | F-5 | Trackback | Comments(0)


最新のコメント
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 21:27
本日は例会お疲れ様でした..
by Mighty O at 20:00
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 21:25
マスト閣下 こんばんは..
by maximumbreak at 21:15
おはようございます。 ..
by Mighty O at 05:05
こんばんは。 脚扉の内..
by me262b1 at 22:14
マスト閣下 おはようご..
by maximumbreak at 09:08
よっぽど根気が充実してい..
by me262b1 at 22:19
Mighty"O"様 ..
by maximumbreak at 22:35
自分も暫くは純粋な白は塗..
by Mighty O at 19:14
フォロー中のブログ
ファン
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
Links
ブログパーツ